カテゴリー「フィギュア17」の8件の記事

2013.07.23

【フィギュア17】用語解説集4話~7話

フィギュア17用語解説、第二弾は4話「羽ばたく心を持っていますか」、5話「大切な人はいますか」、6話「守りたいものはありますか」、7話「さよならは言えますか」からです。
各話解説で語りきれない各キャラクター、舞台、メカ等についての解説をしていきます。かなり、こじつけくさいのもありますが、まぁ御愛嬌という事で。

続きを読む "【フィギュア17】用語解説集4話~7話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.13

【フィギュア17】5話「大切な人はいますか」

5話予告
「どこまでも青い空の夏休み。牧場の仕事を手伝う事になったつばさとヒカルは、茨城家の一人娘、さくらの言動に母と娘のあり方を、仕事の大切さを考えさせられる。「お母さんて、あんな感じなのかな?」二人を包んだ夏の日が、駆けるように過ぎていく。」

Fg175

5話「大切な人はいますか」2001年9月30日放映
絵コンテ: 辻初樹、 演出:井硲清高、深沢幸司
作画監督:沢田正人、斉藤英子、藤澤俊幸、佐藤陵、
ゲスト:/加藤優子、

前回、更新から実に2年ぶりになってしまいました。
前話が学校中心だったのに対し、一転、さくらを中心とした茨木家とつばさ、ヒカルとの関わり合いの中で
ストーリーが展開していきます。フィギュア17全話の中でも取り分け丹念な描写がなされていきます。

続きを読む "【フィギュア17】5話「大切な人はいますか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.02

【フィギュア17】4話「羽ばたく心を持っていますか」

4話予告
「北の大地の夏。一番美しい季節を迎えて、つばさの心は少しずつ変わり始めていた。そして、キャンプの日の小さな出来事…。「つばさちゃんは空を飛ぶ夢を見た事ある?」しかし、マギュアの出現が否応無しにつばさを嵐の夜に連れ出してゆく…。」

Fg174

4話「羽ばたく心を持っていますか」 2001年8月26日放映
 (脚本タイトル「飛びたいと思いませんか?」)

絵コンテ: 矢野博之、 演出:深沢幸司、須藤典彦
作画監督:沢田正人、斉藤英子、藤澤俊幸、佐藤陵、
ゲスト:村上潤子/水樹旬、校長先生/園部啓一、

ピッチを上げると言いつつまた間が空いてしまいました。スイマセン。
学校キャンプという事で、前回よりはソフトな雰囲気でクラスメート達を魅力的に描写しつつ、特に今後深い関係を持つ事となる翔をクローズアップしています。また、オルディナが本格的にストーリーに絡む初エピソードでもあります。

続きを読む "【フィギュア17】4話「羽ばたく心を持っていますか」"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011.01.28

【フィギュア17】3話「勇気を出してみませんか」

3話予告
「ふたごの姉妹として暮らす事になったつばさとヒカル。しかし、ヒカルのように明るく積極的になれない自分に、つばさは却って自信を無くしてしまう。
そんな時、新たなマギュアとの戦いが…。「私たち、二人じゃないと勝てない!」
叫んだヒカルの声がつばさに重くのしかかった…。」

Fg173

3話「勇気を出してみませんか」 2001年7月29日放映
 (脚本タイトル「熱くなったことありますか?」)
絵コンテ: 村田和也、 演出:村田和也、須藤典彦
作画監督:沢田正人、斉藤英子、藤澤俊幸、佐藤陵、原将治
ゲスト:村上潤子/水樹旬、村田真希/室井晃、

少々間が空いてしまいましたが、DVD-BOX発売に向けてピッチを上げていきたいと思います。

ヒカルに関する設定的な部分は前回でほぼ固まり、今回からフォーマットエピソードが始まります。どうヒカルがアプローチして、どうつばさが変わっていくか?という展開のファーストエピソードです。

続きを読む "【フィギュア17】3話「勇気を出してみませんか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.02

【フィギュア17】用語解説集1話~3話

こちらでは、各話解説で語りきれない各キャラクター、舞台、メカ等についての解説をしていきます。かなり、こじつけくさいのもありますが、まぁ御愛嬌という事で。
今回は1話「今の自分は好きですか」、2話「一緒にいたい人はいますか」、3話「勇気を出してみませんか」からです。

続きを読む "【フィギュア17】用語解説集1話~3話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.21

【フィギュア17】2話「一緒にいたい人はいますか」

2話予告
「恐ろしい未知の生物、マギュア。自分そっくりの人工生命体少女、ヒカルの出現。突然巻き込まれた出来事に、驚き、戸惑うつばさ。しかし、ヒカルに翻弄されながらも、自分の心が徐々に弾みだすのをつばさは感じていた。この子は、私のなりたい私かもしれない。」

Fg172

2話「一緒にいたい人はいますか」 2001年6月24日放映
 (脚本タイトル「一緒に居てもいいですか?」)
絵コンテ: 矢野博之、高橋ナオヒト 演出:矢野博之
作画監督:沢田正人、斉藤英子、佐藤陵、原将治
ゲスト:店員/水樹旬、中古車屋/平野俊隆、警官/三宅健太

1話では割と「静」だった物語が一気に「動」へと転じていく。
つばさと対照的に動き回り見る物全てが新鮮なヒカル。そして、その存在を隠さなければならないつばさの四苦八苦振りに微笑みながらも、視る側はどんどんストーリーに引きこまれていく。

続きを読む "【フィギュア17】2話「一緒にいたい人はいますか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.13

【フィギュア17】1話「今の自分は好きですか」

予告通り、各話解説を始めたいと思います。
一回につき、一話をストーリーの進行に従って解説していきます。同人誌版の時には、紙数の都合で割愛していた粗筋も追加していく事とします。

Fg171_2 

1話「今の自分は好きですか」 2001年5月27日放映
 (脚本タイトル「北の大地は好きですか?」)
 2001年5月27日放映
 絵コンテ:高橋ナオヒト 演出:矢野博之、村田和也
 作画監督:沢田正人、斉藤英子、佐藤陵、原将治
 ゲスト:知世/水樹旬

地上波番宣映像15秒(ナレーション矢島晶子)
「二人の少女の想いが一つになった時、未知の力が生まれる。戦慄のリアルスケールSFバトル、フィギュア17。今、もう一人の自分を目撃する。」
 地上波番宣映像30秒(ナレーション矢島晶子)
「雄大な自然に包まれた北の大地。10歳の少女、つばさの前に突然自分そっくりの少女もヒカルが現れた。つばさとヒカルの心が一つになった時、光に包まれて未知の力が生まれる。戦慄のリアルスケールSFバトル、フィギュア17。今、もう一人の自分を目撃する。」

続きを読む "【フィギュア17】1話「今の自分は好きですか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

【フィギュア17】全話解説アップ開始します

2007年夏コミで上梓したフィギュア17全話解説本 想い出を語れますか」ですが、発行後3年を過ぎた事もありますので、記事をWEB上にアップしていこうと思います。
よく考えてみたら、WEB記事でフィギュア17の事に全く触れてないのもどうだ?って事で。DLサイトとかも考えたんですが、まぁ儲かる程売れる訳もないしね。

(1/20追記)なーんて言ってたら、このタイミングでバンダイビジュアルから廉価版DVD-BOXが発売決定…だ…と……!!どう考えても「10周年を盛り上げましょう」なんて気を効かしてくれたとも思えないが、全巻新品で揃えたら\79,170が\15,750、アマゾンなら\11,655ですからねぇ。ヤフオクの中古全巻セットより安いですから、迷っていた人は買いですよ!

ここで「フィギュア17 つばさ&ヒカル」という作品について簡単に触れておきます。
2001年5月27日から2002年5月26日までの一年間、毎月1話、60分枠(実質45分)で、CS放送のAT-X(アニメシアターX)で放送されたアニメ作品。(毎月最終日曜日22時~23時)
遅れて2002年1月11日から同年6月26日まで地上波のテレビ東京深夜枠にて30分1話に分割して放映もされた(1話、最終回は一時間枠)
DVD、VHSは、バンダイビジュアルから1巻1話で全13巻が発売された。(海外版については、北米版、フランス版が確認されている)
デジタルも併用してはいるが、基本はセル画使用の35mmフィルム、ビスタサイズ制作という、過渡期という事を差し引いても、テレビとしては珍しいフォーマットである。(地上波放送時はスタンダードサイズにトリミング)

 メインスタッフ
製作:フィギュア17製作委員会
   (バンダイビジュアル、AT-X、テレビ東京メディアネット、
    メディアワークス、ジェンコ)
アニメーション制作:OLM (TEAM WASAKI )
監督:高橋ナオヒト
シリーズ構成、脚本:米村正二
キャラクターデザイン、総作画監督:千羽由利子
美術監修:小林七郎
音楽監督:高見沢俊彦(THE ALFEE)
音響監督:渡辺淳
各話演出、絵コンテ:
 矢野博之、村田和也、深沢幸司、須藤典彦、井硲清高、
 辻初樹、玉川達文、瀬晴よし子、高橋ナオヒト
作画監督:
 沢田正人、斉藤英子、佐藤陵、原将治、藤澤俊幸、佐藤和巳

 主なキャスト
椎名つばさ:矢島晶子  椎名ヒカル:折笠富美子
D・D:小山力也  オルディナ:井上喜久子
椎名英夫:佐藤正道  茨木新一:大川透
相沢翔、茨城京子:鶴野恭子(現石村知子)
萩原健太、日比野明子、ナレーション:加藤優子
唐沢飛鳥:柚木涼香  伊藤典子:高野直子
沢田美奈:釘宮理恵  小川真二:本田貴子
茨城さくら:堀江由衣  黒田勇:大塚芳忠 

 あらすじ
父の転職に伴い、東京から北海道萌野町(美瑛町がモデル)に転校して来ていた、小学四年生の少女、椎名つばさ。内気な性格が災いしてクラスにとけ込めず鬱々と孤独な日々を送っていた。
が、ある夜裏山に墜落したUFOを見に行ったつばさは、倒れていた異星人の男性(D・D)と暴れるモンスターマギュアに遭遇してしまう。マギュアに宇宙船内に追い詰められたつばさ。壊されたカプセルの液体が触れた瞬間、彼女は戦闘サイボーグ"フィギュア17"にフュージョンしてマギュアを倒した。戦いが終わり元に戻ったつばさの隣には、何故か自分とうり二つの少女がいた…。
そしてヒカルと名乗った少女とつばさは双子の姉妹として、日々の暮らしとマギュアとの戦いを共にしていく。
自分と正反対に明るく快活なヒカルを見てつばさは想う。
「この娘は私のなりたい私かもしれない…」
ヒカルとの日々の暮らしの中で、つばさは何を感じどう変わっていくのか?そして北海道中に散った凶悪モンスターマギュアを回収する事はできるのか…?

ここから先は、解説本に載せた原稿を再録していきます、但し、誤字脱字の類、また、後々気づいて加筆した部分等もあるので予め御了承下さい。

バンダイチャンネル フィギュア17 1話無料配信中
公式ページミラーサイト

続きを読む "【フィギュア17】全話解説アップ開始します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)