« 物は試しで | トップページ | 24耐コミケ »

2005.03.19

こんな舞-HiMEは戦わなくても生き残れない?!

ホントはイラストが入ると良いんだけど

「最終回前で舞が死亡、勝ち残るのはナイトもといなつき、挙げ句の果てはやり直し」

「妹の命と佑一が彼氏、ときめき舞-HiMEで「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」…」

「みんな裸になって因果地平に飛んでいってめでたし、めでたし…」

「津波がどっぱーん!で「完」…」

…もうえぇっちゅーねん

洒落抜きで龍騎と化してしまった舞-HiMEですが、あたしゃ別に広げた風呂敷が畳めようが畳めまいが別にかまやせんですよ。
ていうか、なんで皆さんそう整合性ばっかり気にするかなー?
24話も例によってドロドロでしたが、みんな背負ってる物が有るが故の哀しみは出てたと思いますよ。
紫子とかはもうちょっと今まで書き込まれてると良かったな、とかありますが奈緒は「あり得たなつき」だったとかよく考えると、今まで2人の立ち位置はそんなに違ってなかったなとか。
演出は「フィギュア17」ファンにはお馴染みの玉川達文氏ですが20話も含めて間の取り方の上手さは相変わらず。

ま、わし的には佑一昇天のシーンの曲で梶浦女史の新曲が聴けて満足!
あと2話でどこまで頑張ってくれるか楽しみにしましょう。

どうでも良いけど…
関、石田、関…って別の番組を連想してならないんですが。

|

« 物は試しで | トップページ | 24耐コミケ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>ま、わし的には佑一昇天のシーンの曲で梶浦女史の新曲が聴けて満足!
 別に新曲ではなかったみたい。「取って置き」だったのは間違いないようですが。

投稿: 特命課桜井 | 2005.03.24 04:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/3351179

この記事へのトラックバック一覧です: こんな舞-HiMEは戦わなくても生き残れない?!:

« 物は試しで | トップページ | 24耐コミケ »