« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月に作成された投稿

2005.10.14

北の大地を放浪中5

釧路湿原細岡展望台
天気がなんとも…
これから帰ります。
正式更新をお待ち下さいm(__)m
pcm_05_10_14_0004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地を放浪中4

神の子池
pcm_05_10_14_0001.jpg
  落葉が多く水面が見えづらいのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.13

北の大地を放浪中3

野付半島トドワラ
pcm_05_10_13_0006.jpg
  逆光は勝利

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地を放浪中2

摩周湖
pcm_05_10_13_0004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地を放浪中

携帯からなので簡易アップです。
pcm_05_10_13_0002.jpg
       美幌峠から屈斜路湖を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.05

【響鬼】鈍る売上?

今回の路線変更の一因に玩具の売上不振があるという話らしい。
"らしい"というのはそれが風説に過ぎないから、だ。
バンダイなり東映なりからそのような発表が有ろう訳がない。
ところが、なぜか皆さんココにこだわってらっしゃる。
いくつか結論から先に合わせてもらおう。

1.元々仮面ライダーのオモチャはさして売れない。
2.良い物を作ればオモチャが売れる訳ではない…と断言はできない。
3.今年売れてないのは響鬼だけではない。
4.大人がオモチャを買えば良いというモノでもないだろう?
5.子供に「オモチャが売れないから路線変更したんだよ」とでも教えるのか?!
6.「大人の特撮」って本当に必要なの?
7.で、現状の内容でオモチャは売れるようになる?

まず
1.元々仮面ライダーのオモチャはさして売れない。
P社に居た事もあるB社の方から聞いた話。変身ベルトやポピニカが飛ぶように売れたのは一作目とせいぜいV3まで。その後も状況は同様でクウガが久々の例外となった。ZOやJの頃、結局はシリーズ化に至らなかったのはそれを良く知っていた玩具問屋筋が難色を示していたというのが大きいらしい。

2.オモチャを売るには内容は二の次…とは言い切れない。
綺麗事言ってんじゃないよ、としたり顔で仰る方が多い。確かにメタルダーみたいに本編は頑張ったが玩具はメタメタという例は枚挙にいとまがない。が、何事にも例外はある。
「特警ウインスペクター」がその代表である。詳しくはhttp://homepage2.nifty.com/TOKUMEIKA/TOKUSATSU.htmlを御覧頂きたいが、敵を倒さない銃、剣、車が爆発的に売れたのだ。内容的にはそれこそGメン75か特捜最前線のような話の連発だったにもかかわらずだ。いかに本編のクオリティ(と志)が高く子供達を引きつけたかであろう。玩具が売れるのは子供達が「ヒーローを格好いい」と思えばこそではないか?
視聴率は二の次、玩具の売れ行きは絶好調な鋼鉄ジーグという作品があった。だが、同時期グレンダイザーは視聴率も良く玩具も売れた。後にフランスに渡りゴルドラックの名で国民的人気を得た。別に金はバンダイやタカラからのみ入ってくる訳ではない。バンダイフランスはちゃっかりおこぼれ(どころでない儲け)に預かっている。

3.今年売れてないのは響鬼だけではない。
現役で玩具売場にいる人間からの話。マジ不調、響鬼ダメ、ネクサス論外も論外、マックスもイマイチ、ジャスティ需要無し、ムシキングも人気があるのはカードだけだそうで玩具は×。間違いなく好調といえるのは女玩のプリキュア位だそうだ。ちょっと前までは「今年はライダー好調、戦隊イマイチ」(か、その逆)だったのが、去年辺りからはそれも怪しくなってきたそうだ。なんの事ぁない、前々から業界的に"恐怖の大王"だった少子化の波がついに実際に来た、という事なのだ。

4.大人がオモチャを買えば良いというモノでもないだろう?
かの「げんしけん」に「マニアが買いささえんとね」(だっけ)という迷?台詞があった。ただし、この場合は極端にガレージキットという極端に生産数が少ない商品についての発言である。
今回の響鬼関連の騒動で「おまえは音撃鼓の一つも買ったのか?」類の罵声や「オモチャを買うから路線変更を元に云々」みたいな発言がかなり見られた。はて、どうなのか?
バンダイは当然子供を持ってない20~30代のオタク男や腐女子に買ってくれと言っている訳ではあるまい。し、売れないとは言っても、何万のオーダーで生産している商品だ。あなたが一個買ったからどうなるというモノではない。(そこまでいうなら猛士テント等のアパレルグッズを買うが宜しかろう)それに、好きで買うのなら止めはせんが根本的に子供向けのオモチャを「おまえは買ったのかよ」とか言われる筋合いのモノではない。冷静になろう。買い支えるなら、サントラを買ってそれこそ綱渡り的な状況のサントラ市場(プレスせいぜい一万枚程度と聞いている)に貢献して頂きたい。

5.子供に「オモチャが売れないから路線変更したんだよ」とでも教えるのか?!
子供の前でしたり顔をしてそんな話をしているのか?
売上だ、金だ、とあんたら言ってて恥ずかしくないか?
確かに金は要るだろう、「金が無くても生きられる」とまでは言わない。
だが、"金の話は不浄の話"だ。
そんな感覚も麻痺し"金""金"と亡者のごとく唱える事に恥ずかしさも疑問も生じなくなっているなら、きっとあなたは病んでいる。子供に対して言っているなら、将来あなたは金で子供に捨てられるだけだ。

6.「大人の特撮」って本当に必要なの?
響鬼がなぜこれだけ"ネットに書き込める層"(つまり本来ターゲットの子供以上)に支持されてきたのか?
「真に子供の為に作られていればそれは大人の鑑賞に堪えるから」だろう。
いくつか「大人向けの特撮」が企画されているし、「カップルでいけるような」ライダーやウルトラの映画も企画された。だが、既存のヒーローについてはその外観的な解体と再構築が余りにも難しいのは「ULTRAMAN」のコケ方が語っているし、「THE FIRST」については「美しいものを守りたいだけだ」ではキャッチとしては弱すぎる。そのくせ宣伝で押されているのはデジタル天本英世、では(できはともかく)興行的には期待できない。
ニーズは無いが作り手は必死に新しいターゲットを必要としている、だけの事だろう。既に子供を持つ親はガンダムでいえばZ世代に突入している。(故にガンダムもファーストという鉱脈は掘り尽くしたのでZに…という事だ)が、ウルトラもライダーもこの時期は空白期になるのだ。バンダイ的には宇宙刑事でも押した方が良かろうに、結局来年もライダーらしい?だからもうそれじゃ売れないってば。ポール星人出てくるぞ。
それこそ、マーチャンの話で言えば制作費は桁違いに低くなる(新作ウルQはアニメ以下(!)の制作費用だったそうだ)そこまでして見たい?ですか?

7.で、現状の内容でオモチャは売れるようになる?
んな訳ねーでしょ?子供だってバカじゃないよ。紅になるのにあれだけ鍛えたのに、装甲化はあんな簡単でカタルシスも何も無いじゃん?その後も"ここぞ"感の無さは平成ライダー中最悪。露出させりゃ良いってモンじゃないよ。
玩具寄りにするならするで、思いっきり燃える展開にしてくれよ。あんなバラエティショーみたいなの見て買う気になるかよ。バンダイの意向に添うのか嫌がらせするのかはっきりしたら?最も後者はこっちも気分悪いのでヤメテ。

語るべき事はあるのだが、もう寝ないといかんし荒れた気分なので続きはまた。

***********************************
響鬼の「完全新生」路線とそのスタッフを断固支持します!
□『仮面ライダー響鬼『完全新生』路線 復活運動』
「旧路線とスタッフの復活」を願う方は、どうぞ積極的にコメントとTBをお寄せください。
旧路線・スタッフの復活を願う方の記事であれば内容は問いません。

現在具体的な運動としては、「たのみこむ」におけるネット署名活動を展開中です。
ぜひご賛同ください。
□たのみこむ「響鬼に理想の最終回を!」
***********************************

| | コメント (11)

2005.10.03

【響鬼】乱れ果てる運命?

とうとう恐れていた「白倉フォーマット」!OPが歌入りになる可能性は当初から覚悟していた。
「子供が歌える歌」かどうかは、玩具問屋辺りが特にうるさい。古い話だと「マシンロボ クロノスの大逆襲」等がそうだと聞いている。「ブルースワット」が変わらなかったのは多分「変えても売れない」と判断されたか「そんな予算無い」のどっちかだと思う、多分。(実際、記録的に売れなかった)
そういう意味では止む無しかとは思った。藤林聖子、佐橋俊彦、布施明と同じメンバーが起用されただけマシ(m.c.A.Tとか出てきたらどうしようかと)でもある。鈴村展弘の演出も頑張ってはいた。だが……
何か中途半端なのだ?
前半は普通の"主題歌"なのだが後半部分で「少年よ」を変に意識した作りになっている?為、妙に「EDっぽいOP」な曲になってしまっている。まぁ、音モノばっかりは個人の好みなのであまりどうこう言うまい。
撮影場所も良く見ると「いつもの寄居」てのは興ざめ。あそこは自然の中とは言わんわなぁ。テロップが横組みになったのもこれ見よがしでイヤ。
音といえば、推測で申し訳ないが白倉体制になるにあたって、新規劇伴が録音されたようで今回はかなりの頻度で使われている。正直、最初期の全くメロディーを廃した劇伴はやりすぎの感が無くもなかったが、こうやって普通の劇伴になってしまうといよいよ持って「アギトとどこが違うの?」という感が募る。
アバンの茶飲み話シーンの解りづらい演出、「水は器に従いて」親分が変わればちゃんとそれなりの演出、さすが"平成ライダー"(褒め言葉に非ず)を支えた石田監督あんたもかって感じです。
残った演出陣は劇場版を監督するもどちらかといえば白倉氏とはあまり仕事をしていない坂本太郎監督と"最終回"を見事に見せてくれた金田治監督のお二方。一人くらい反骨で前半の映像に近い事をやってくれないですかね?(望み薄)
トドロキはいよいよもってバカ扱い。鰹……って、そういう脚本が許されるのは浦沢義雄氏だけですっ!今時マンガでもやらんわい、そんなおバカ。(轟雷の弟と同次元で捉えちゃダメよ)
突如として色気づいた話だらけ。恋愛至上主義ですか?さすが"トレンディドラマ"を書く人は違いますね井上"先生"様。
響鬼の装甲化も大安売り。なるほど30分前の五人兄弟をより輝かせる為ですか?(んな事しなくても輝いてましたよ荒川さんの脚本は)
これでレジェンドマジより売れなかったら腹切れよ、あんたら!高寺氏の責任とは言わせんからな!(あー段々荒んできた…)
しかし、何より致命的なのは…

「少年よ」が消えてしまった………orz

もう何も伝える事は無くなってしまったって事ですか?
余韻もへったくれも無しですか?

アギト~555とセーラームーン(若干違うが)で自ら生み出したフォーマットに固持してきた、まぁそれは自分の縄張りだからとしても。途中登板した挙げ句に、作品カラーに合うかも考えずバカの一つ覚えの白倉フォーマットですか?偉そうな事を言ってはいるが自らの成功経験の範疇からは何も踏み出せない、只の腐った保守指向でしか無いではないか?
あなたのやる事は番組を"何とか(あなた方が言うところの)"まとも"な状態にする事であって、「完全新生」を否定する事では無いでしょう?

否定意見を揉み消している、と批判の多かったTV朝日の御感想箱もさすがに今回ばかりは批判意見が殺到している、当然だろう。
来週はいよいよザンキさんまでキャラ破壊かよ。みんなが受けてくれるとか思い上がるなよ(怒)

***********************************
響鬼の「完全新生」路線とそのスタッフを断固支持します!
□『仮面ライダー響鬼『完全新生』路線 復活運動』
「旧路線とスタッフの復活」を願う方は、どうぞ積極的にコメントとTBをお寄せください。
旧路線・スタッフの復活を願う方の記事であれば内容は問いません。

現在具体的な運動としては、「たのみこむ」におけるネット署名活動を展開中です。
ぜひご賛同ください。
□たのみこむ「響鬼に理想の最終回を!」
***********************************

| | コメント (5) | トラックバック (5)

【ガンダムSEED Destiny】信者に縛られるガンダム?

「何を皆さん熱くなってんですか?」
あれだけ響鬼についてぐだぐだ言っといて何だ?と言われそうだが…

だって、別にスポンサーに対する悪意(これは高松信司を代表としてサンライズの悪しき伝統だが)はともかくとしても、別に視聴者に向かって悪意を放っている訳じゃないでしょう?
確かにDestinyの後半はひどい。構成も何も放り投げた感が漂っていてもはや盛り上げる気もなし、という感じだった。
が、それは番組当初からぷんぷんと臭っていた訳だから「イヤなら見なきゃ良いじゃん」てなだけの事だ。
ガンダムとはそれが出来るシリーズなのだから。
ファーストのみを神格化してたきゃ別にそれで良いし、Zが最高だとか逆シャアがどうとか、自分は別にGガンダム以外はどっちでも良いって感じだし。

大体からして、初代ガンダムだって所詮は数あるロボットの中の一本に過ぎない。
それがいつの間にやら「新世紀宣言」だの何だの祭り上げられて絶対神化したが、何の事ぁない。
ガンダム程金儲けに利用されたアニメはないのだ。当時は「ヤマトは金儲け主義」だの言ってガンダム信者は蔑んでいたが、笑わせちゃいけない、「ガンダムでうまい汁を吸った企業」のどれだけ多い事か?
横っ面から首を突っ込んできたバンダイは言うに及ばない(若い方の為に補足させて頂くが「バンダイは初代ガンダムのスポンサー」では無い。ガンプラに首を突っ込んだのは放送終了後の事だ、念のため)
なぜアニメ誌がこぞってガンダムを押すのか?それは「原作が無い」からだ。
例えば「999」を特集しようとする。乗せるカット毎に東映動画、松本零士以外に掲載権を持っている少年画報社に支払いが発生する。ところがガンダムをはじめとするサンライズ作品には基本的にそれが無い。だから、各アニメ誌がこぞって押す。露出が高いから必然的に人気は上がる、とこういう事。基本的には未だに変わっていない。
(ジャンプ黄金期の「ドラゴンボール」「北斗の拳」等がアニメ誌の表紙を飾った事は無い筈だ)
ガンダム無くば「アニメ誌」等生き残れなかったのだ。因みに「自社ブランド」を作った挙げ句これも神格化してしまったのが、「資本主義が大嫌いな」ロリコン駿と敏夫君というのもお笑いぐさである。もちろん大儲けで美術館まで作っちゃったぞ。閑話休題。

ファーストから四半世紀、こうして「ガンダム」は神格化された。
長く続いた作品に決まってつきまとう命題「原点回帰」
ゴジラもウルトラマンも仮面ライダー等も熱烈な信者(時には原作者、制作者)が声高にそれを叫ぶ。だが、「時代性」を無視したそれが成功した試しはない。「'84ゴジラ」「ウルトラマンパワード」「スカイライダー」「真・仮面ライダー」みな惨憺たる結果となっている。
ところがどっこい、原理主義者達はひたすら噛みつくのを止めない。曰く「怖くないゴジラはゴジラじゃない」「ライダーなのに何故バイクに乗らない」果てには「今、ウルトラマンは時代に求められていない」とまで来る。ましてや、マニア、オタクと同義語に等しいガンダムである。推して知るべし。
はっきり言って福田監督は災難である。どうせ「何をやっても文句は来る」のだから。まだつまらなければ単純に見捨てられていたガンダムXや御大トミノのターンAは幸せだ。
ライダーやウルトラがまだ幸せなのが、(熱狂的なマニアはいるにしろ)基本的に子供のモノであり、なまじ玩具等が絡む為に余りに酷い逸脱が許されない(ヒーローモノとしての最低ラインの遵守)からだ(最もネクサスは何を思ったか「やっちゃった」し結果として白倉響鬼は皮肉にもそこに墜ちている)
だが、ガンダムのメインターゲットはティーンエイジより上、果てはファースト世代も大きな客層となってしまっている。ウルトラやライダーは「親が子供にかこつけて」楽しんでいるが、ガンダムは「大人の視聴に耐える」(ゲラゲラ)ので胸を張って見て良いらしい。ので、見る。が、自分の気に入らないガンダムなので絡む。まぁ無理もない「ガンダムが頂点」以外を知らない世代なのだから。せいぜいエヴァ(なお悪い)
絡んだ挙げ句に「福堕」呼ばわりだ、まぁ大人げない事。

自分の感想として言わせて頂ければ、「SEED」は満点のアニメ等では勿論無い。妙な韻の踏み方や夜6時台でSEX描写をやって平気(つーか止めろよ局プロは!)とかあるが、何も稀代の大悪党呼ばわりされにゃいかん程の出来ではないだろう?特にSeed後半の展開について「出来もしない事」とか「綺麗事を言うな」とか身も蓋も無い事言うし。
テクニック的な事を言えば、「電童」でも見せてくれたがも激戦→もうダメだ!→助っ人参上に至る盛り上げ方の見事さにおいては、一級品の腕だと思うよ、福田氏は。だからこそ、(初登場の鮮烈さにおいて)フリーダムはあそこまで人気を得た訳でしょ?あれと比べれば、「Destiny」の後半、如何にやる気がなかったかは画面を見れば明白だ。もちろん、それは褒めれた話ではない。
が、繰り返すが「Destiny」にやる気が見られなかったのは、最初から解っていたではないか?少なくとも折り返し点を過ぎた時点でより明白化した訳だから、見捨てりゃいいじゃない?嫌いなんでしょ?「福堕」監督も嫁も。
自分ですか?別に「Destiny」に思い入れ無いから力を抜いて見てただけですが。
もう終わったんだから良いでしょ?どうせまた何年かすりゃガンダムやるんだから楽しみに待ってちゃどうですか?
案外、その頃にゃ"ただの"ナムコがスポンサーかも知れませんよ(^_^;)

響鬼についちゃそうは行かないってのは、「途中からの変更」だからにつきる。
また、その内容的な悪質さについては「SEED」の比ではない。からだ。

別に「SEED」「福田監督」シンパでは無いのでこの件について深く議論しようとも思わないのでこれにてオシマイ。

とか言いつつ一つ思いついたので補足。
なんで若い皆さん(と勝手に決めつけるが多分みなさん若い人)
整合性とか話がまとまったとかまとまらなかったとかにそんなにこだわりますか?
自分も人の事は言えないが、受験の影響受けすぎじゃないですか?
世の中、そんなに簡単に「答え」は出ないもんじゃないですか?

|

2005.10.01

ぷち風雨来記

過去の北海道写真(美瑛、富良野、旭川、道東)については

http://enjoy.fotonoma.jp/gallery/2WBrJMhp4Fq1Afgd3XkXgyIhuhJGVr/46307

にまとめてあります。
よろしければ御覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »