« ぷち風雨来記 | トップページ | 【響鬼】乱れ果てる運命? »

2005.10.03

【ガンダムSEED Destiny】信者に縛られるガンダム?

「何を皆さん熱くなってんですか?」
あれだけ響鬼についてぐだぐだ言っといて何だ?と言われそうだが…

だって、別にスポンサーに対する悪意(これは高松信司を代表としてサンライズの悪しき伝統だが)はともかくとしても、別に視聴者に向かって悪意を放っている訳じゃないでしょう?
確かにDestinyの後半はひどい。構成も何も放り投げた感が漂っていてもはや盛り上げる気もなし、という感じだった。
が、それは番組当初からぷんぷんと臭っていた訳だから「イヤなら見なきゃ良いじゃん」てなだけの事だ。
ガンダムとはそれが出来るシリーズなのだから。
ファーストのみを神格化してたきゃ別にそれで良いし、Zが最高だとか逆シャアがどうとか、自分は別にGガンダム以外はどっちでも良いって感じだし。

大体からして、初代ガンダムだって所詮は数あるロボットの中の一本に過ぎない。
それがいつの間にやら「新世紀宣言」だの何だの祭り上げられて絶対神化したが、何の事ぁない。
ガンダム程金儲けに利用されたアニメはないのだ。当時は「ヤマトは金儲け主義」だの言ってガンダム信者は蔑んでいたが、笑わせちゃいけない、「ガンダムでうまい汁を吸った企業」のどれだけ多い事か?
横っ面から首を突っ込んできたバンダイは言うに及ばない(若い方の為に補足させて頂くが「バンダイは初代ガンダムのスポンサー」では無い。ガンプラに首を突っ込んだのは放送終了後の事だ、念のため)
なぜアニメ誌がこぞってガンダムを押すのか?それは「原作が無い」からだ。
例えば「999」を特集しようとする。乗せるカット毎に東映動画、松本零士以外に掲載権を持っている少年画報社に支払いが発生する。ところがガンダムをはじめとするサンライズ作品には基本的にそれが無い。だから、各アニメ誌がこぞって押す。露出が高いから必然的に人気は上がる、とこういう事。基本的には未だに変わっていない。
(ジャンプ黄金期の「ドラゴンボール」「北斗の拳」等がアニメ誌の表紙を飾った事は無い筈だ)
ガンダム無くば「アニメ誌」等生き残れなかったのだ。因みに「自社ブランド」を作った挙げ句これも神格化してしまったのが、「資本主義が大嫌いな」ロリコン駿と敏夫君というのもお笑いぐさである。もちろん大儲けで美術館まで作っちゃったぞ。閑話休題。

ファーストから四半世紀、こうして「ガンダム」は神格化された。
長く続いた作品に決まってつきまとう命題「原点回帰」
ゴジラもウルトラマンも仮面ライダー等も熱烈な信者(時には原作者、制作者)が声高にそれを叫ぶ。だが、「時代性」を無視したそれが成功した試しはない。「'84ゴジラ」「ウルトラマンパワード」「スカイライダー」「真・仮面ライダー」みな惨憺たる結果となっている。
ところがどっこい、原理主義者達はひたすら噛みつくのを止めない。曰く「怖くないゴジラはゴジラじゃない」「ライダーなのに何故バイクに乗らない」果てには「今、ウルトラマンは時代に求められていない」とまで来る。ましてや、マニア、オタクと同義語に等しいガンダムである。推して知るべし。
はっきり言って福田監督は災難である。どうせ「何をやっても文句は来る」のだから。まだつまらなければ単純に見捨てられていたガンダムXや御大トミノのターンAは幸せだ。
ライダーやウルトラがまだ幸せなのが、(熱狂的なマニアはいるにしろ)基本的に子供のモノであり、なまじ玩具等が絡む為に余りに酷い逸脱が許されない(ヒーローモノとしての最低ラインの遵守)からだ(最もネクサスは何を思ったか「やっちゃった」し結果として白倉響鬼は皮肉にもそこに墜ちている)
だが、ガンダムのメインターゲットはティーンエイジより上、果てはファースト世代も大きな客層となってしまっている。ウルトラやライダーは「親が子供にかこつけて」楽しんでいるが、ガンダムは「大人の視聴に耐える」(ゲラゲラ)ので胸を張って見て良いらしい。ので、見る。が、自分の気に入らないガンダムなので絡む。まぁ無理もない「ガンダムが頂点」以外を知らない世代なのだから。せいぜいエヴァ(なお悪い)
絡んだ挙げ句に「福堕」呼ばわりだ、まぁ大人げない事。

自分の感想として言わせて頂ければ、「SEED」は満点のアニメ等では勿論無い。妙な韻の踏み方や夜6時台でSEX描写をやって平気(つーか止めろよ局プロは!)とかあるが、何も稀代の大悪党呼ばわりされにゃいかん程の出来ではないだろう?特にSeed後半の展開について「出来もしない事」とか「綺麗事を言うな」とか身も蓋も無い事言うし。
テクニック的な事を言えば、「電童」でも見せてくれたがも激戦→もうダメだ!→助っ人参上に至る盛り上げ方の見事さにおいては、一級品の腕だと思うよ、福田氏は。だからこそ、(初登場の鮮烈さにおいて)フリーダムはあそこまで人気を得た訳でしょ?あれと比べれば、「Destiny」の後半、如何にやる気がなかったかは画面を見れば明白だ。もちろん、それは褒めれた話ではない。
が、繰り返すが「Destiny」にやる気が見られなかったのは、最初から解っていたではないか?少なくとも折り返し点を過ぎた時点でより明白化した訳だから、見捨てりゃいいじゃない?嫌いなんでしょ?「福堕」監督も嫁も。
自分ですか?別に「Destiny」に思い入れ無いから力を抜いて見てただけですが。
もう終わったんだから良いでしょ?どうせまた何年かすりゃガンダムやるんだから楽しみに待ってちゃどうですか?
案外、その頃にゃ"ただの"ナムコがスポンサーかも知れませんよ(^_^;)

響鬼についちゃそうは行かないってのは、「途中からの変更」だからにつきる。
また、その内容的な悪質さについては「SEED」の比ではない。からだ。

別に「SEED」「福田監督」シンパでは無いのでこの件について深く議論しようとも思わないのでこれにてオシマイ。

とか言いつつ一つ思いついたので補足。
なんで若い皆さん(と勝手に決めつけるが多分みなさん若い人)
整合性とか話がまとまったとかまとまらなかったとかにそんなにこだわりますか?
自分も人の事は言えないが、受験の影響受けすぎじゃないですか?
世の中、そんなに簡単に「答え」は出ないもんじゃないですか?

|

« ぷち風雨来記 | トップページ | 【響鬼】乱れ果てる運命? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事