« 【響鬼】四十五之巻「懺悔しろ敏鬼」 | トップページ | 【響鬼】四十六之巻「迷える鬼道」 »

2006.01.01

【響鬼】外之巻「響き渡る歌声」

このためだけに録画しておいた紅白を見た。

あらためて布施明の歌声の素晴らしさを再確認。
まさに"本物"!正直、泣けた。それ程素晴らしい歌だった。
しかも変身前後のヒーロー(と敵まで)も駆けつける大盤振る舞い。
響鬼達がそしてヒビキさんが出る度にあがる歓声。
あの歓声は(失礼ながら)細川氏にではなく"ヒビキさん"に対してのものだろう。
現役ヒーローの歌が紅白に出るという快挙を成し遂げる程の、そこまで「仮面ライダー響鬼」は認知されていた、と考えて良いのかもしれない。

同時に失われた物の大きさも再確認せざるを得ない。
初めて聴いて作品に興味を持ち来週の放映を見た人がいたとしても、あの歌を聴く事はできないのだ。
そして、あの歌に全て内包されていた厳しくも優しく大らかな"心"もそこには無いだろう。
あの歌の持つ"心"を切り捨てて得た物、それは引換にする程の価値は果たしてあったのだろうか?

残念な事に最終三作は井上脚本、監督は劇場版の坂本太郎氏という白倉色の濃い顔ぶれ、多くを期待はできまい。願わくば細川氏の"直し"が良い方向に作用してくれている事を切に祈るのみだ。

***************************
響鬼の「完全新生」路線とそのスタッフを断固支持します!
□『仮面ライダー響鬼『完全新生』路線 復活運動』
「旧路線とスタッフの復活」を願う方は、どうぞ積極的にコメントとTBをお寄せください。
旧路線・スタッフの復活を願う方の記事であれば内容は問いません。

現在具体的な運動としては、「たのみこむ」におけるネット署名活動を展開中です。
ぜひご賛同ください。
□たのみこむ「響鬼に理想の最終回を!」
***************************

末筆ですが
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくおつきあいくださいませ。

|

« 【響鬼】四十五之巻「懺悔しろ敏鬼」 | トップページ | 【響鬼】四十六之巻「迷える鬼道」 »

仮面ライダー響鬼」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

トモテルさん、コメントありがとうございます。
メタルダーと響鬼、その志の高さは"血筋"として間違いなく繋がっていると思います。29話までは、ですが。
果たしてカブトがその血筋足り得るのか?
"入れ物"を見る限り若干の不安もありますが、米村氏の脚本に"魂"が込められているのを切に祈っています。
「フイギュア17」は最低三話までは見てみて下さい。それでOKならラストまで見ずにはいられませんよ。「響鬼」スポット参戦の二本との共通点も多いのでその辺を見てみてるのも面白いと思いますよ。

投稿: 特命課桜井 | 2006.01.07 01:27

はじめまして。メタルダー関連のサイトのリンクからこちらに来ました。「よいこの友達 特撮ヒーロー万才!!」は楽しく読ませていただき、過去に見た作品の奥の深さを改めて堪能しました。
本題に入りますが、自分も久しぶりに「少年よ」が聞きたくて生まれて
初めて紅白を録画しました。自分はメタルダーのOP&EDが一番好き
なのですが、「少年よ」は日常に疲れた心に響く、明日もまた頑張ろうという気にしてくれる唄であり暖かい癒しの心が感じられました。
だからこそ、この唄が歌われるのに相応しい構成だった高寺時代の
「響鬼」が懐かしく感じられ、そして、とうとうそれが戻ってこなかったのが残念に思います。
次の「カブト」は米村正二氏が筆を取ると聞いていますので(パイロット版のみかメインライターなのかは不明ですが)、とりあえずあと3週間、
「フィギュア17」で米村脚本の醍醐味を味わった上で「カブト」視聴に
臨んでみようかと思います。
拙い文章で長文失礼いたしました。

投稿: トモテル | 2006.01.05 02:35

この記事へのコメントは終了しました。

« 【響鬼】四十五之巻「懺悔しろ敏鬼」 | トップページ | 【響鬼】四十六之巻「迷える鬼道」 »