« 【カブト】制作発表「喧嘩上等?」 | トップページ | 【カブト】う~む… »

2006.01.23

【響鬼】最終之巻「明日無き夢」

さぁ、井上白倉信者の皆さん、素晴らしい最終回だったんですよね?どこがどう良かったのか?理路整然と語って頂きましょうか?電波で無くな。

薄っぺらい人生を送ってきた人間には薄っぺらい物語しか語れない。
同じ"親の七光り"でありながら「マジ」の大和屋暁の何と光り輝いていた事か?展開を無理なく納得させるだけの感情の高まりの素晴らしさ。お父ちゃん変身した時にゃ泣けましたよ!
え?何?響鬼の話に戻れ?
もういいじゃん、石神井公園と寄居と身なりの良い男女の洋館と三浦半島が全部ご近所だとか、明日夢とヒビキさんと桐谷以外のキャラは放りっぱなしだとか、高校生のバイトに白衣着せた挙げ句「良い医者になれる」とか気の触れた事を言ってる藪医者は誰だとか、仕事中の明日夢に媚び売ってるようなヒビキさんはどうよ?とか、親の前で飯食いながらこれ見よがしに勉強してる明日夢とか、子供抱えたまま携帯でヒビキ呼ぶ程うろたえる明日夢とか、やっぱり出前のようにワープしてきた桐谷とか、やっぱり「当たり」は魔化魍召還呪文だったとか、所詮変身しても弱いぞ桐谷とか、名前はやっぱり狂鬼なのか(それでは放映禁止)とか、輪を掛けて弱いぞ威吹鬼と轟鬼とか、身なりの良い男女もトップではなかったってのはダイレンジャーの最終回のパクリですかとか、「待たせたな」ってあなたは早川健じゃないんですからヒビキさんとか、何か弱くなってないか装甲響鬼とか、絶妙のタイミングで巻き込まれに来る明日夢とか、ラストシーンは二之巻の真似っぽいんですがいのくまさんのカメラワークには遠く及ばないぞとか、ヒビキさんの言動は801臭ぷんぷんだとか、何時の間に明日夢の強気受けになったんだとか←違うetc…終わってしまったモノはどうでも良いですよ。
だって、TV朝日公式ページでの細川さんのインタビューなんか凄い事言ってますよ。

(ラストシーンのシナリオについて)
細川 話になんないんですよ、申し訳ないけど(笑)。

と、言ってしまっている位なのだから。(要するにあのラストは"細川チェック"後という事)
もっとも、これとて明日夢言う所の「ヒビキさんに何でも頼って、ヒビキさんの真似をして」って、彼、そんな事してましたっけ?
「オレは信じてる、人間はいつだって変われるんだって」
そうですね、白倉と井上以外は。
最終回のロールEDにオールスタッフの名前を出せない狭量な心の持ち主でなければね。

***************************
響鬼の「完全新生」路線とそのスタッフを断固支持します!
仮面ライダー響鬼『完全新生』路線 復活運動』
旧路線とスタッフの復活」を願う方は、どうぞ積極的にコメントとTBをお寄せください。
旧路線・スタッフの復活を願う方の記事であれば内容は問いません。

現在具体的な運動としては、「たのみこむ」におけるネット署名活動を展開中です。
ぜひご賛同ください。
□たのみこむ「響鬼に理想の最終回を!」
***************************

特撮史上、稀に見る劣悪な路線変更(ここまで"本質"が変わってしまったという点に置いては「アクマイザー」や「メタルダー」等は全く比較対照ではない、強いて言えば「ファイブマン」の"ふぁいぶ君人形"がかろうじて近いか)というよりは、完全に「内容の劣化」をしてしまったものの、一年間完走した事だけは間違いない。
細川さん、お疲れさまでした。紅白での姿には涙しました。暫くは「火消し屋小町」の再放送で楽しませて貰います。
栩原君(失礼ながら君づけで呼ばせて下さい)お疲れさまでした。一年の間に実に凛々しい顔つきになりました。「逆境」をも乗り越えた君の今後が楽しみです。
他の出演者の皆さんも、後半見せ場が減ってしまいましたが貴方方の姿がもう見れないかと思うと残念です。
布施明さん、毎週素晴らしい歌声をありがとうございました。またいつか"少年"達に向けてその歌声を響かせて下さい。
そして、「響鬼」を生み出した高寺成紀、大石真司、きだつよしの各氏。
誰が何と言おうが貴方方の仕事には"志"がありました。貴方達の描きだしたヒビキさんは輝いていました。不幸にしてその志は半ばとなってしまいましたが、いつかリベンジできる日が来るのを心待ちにしています。

P.S
綺麗に締めといてなんだが、
例の先週のテロップミスの件、お詫びじゃなくて【おことわり】になってやがった。文章の内容も詫び文でなくなってた所をみると「別に大きな問題ではない」という事か?
細川さんに対する嫌がらせ説が否定できなくなってきた気がするのだが?

|

« 【カブト】制作発表「喧嘩上等?」 | トップページ | 【カブト】う~む… »

仮面ライダー響鬼」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

チョコチョコ見させていただいています。

自分は別に『平成ライダー』を見てきてまぁ楽しんでいた部類の人間です。

しかし!!はまってましたね。響鬼に。
ツレの特撮マニアに「俺よりハマってる」と言われるほどでした。  29話までは...

轟鬼の鰹プレゼンツのあたりから録画をするだけで見ていませんでした。

それからしばらくたって録画すらしなくなりました。 あんなに楽しみだったのに...

いろいろ板を見ていると、「商品売るようにつくって何が悪い!!」とか「しょせん子供番組じゃん」とか電波な方は言ってますが。今、自分が感じていること....

自分は作品を見たいんだと!!

少なくとも今のライダーは作品ではなく、ガンダムと同じく『使い捨ての商品』だと思います。

仮面ライダーが100円ライターのように....


すごく心のこりな作品になりました。

もう『たのみこむ』しかないかなぁ

無駄な気がするけど......涙

投稿: うまきち | 2006.01.30 20:29

いやあ、いつになく厳しいレビューですな。
ええと、ラストシーンについて、自分なりの検証結果をトラバさせていただきました。
それにしても、さらに気になったのは
恒例の「一年間ありがとう
これからもヒビキさんを忘れないでね」
が今年に限ってなかったこと。
セイセイセイ!(HG風に)
せやったらあの半年間、
何のためのレスキューやってん。つか売りきらなあかんねやろと。
そんなことやからマジレンはおろかハードゲイにも勝てへんのじゃと。
ほんまあれは腹立ちましたね。

しかし、細川さんはじめキャストの方々、
一部除くスタッフの方々には
「もう股間を向けて眠れません。」
(すんませんまたHGで。)

投稿: 中島よしゆき | 2006.01.24 20:03

いつも非常に笑えるのだが、白倉井上擁護派の皆様はなんで便所の落書きみたいな書き捨てしか出来ないのだろうか?って事。まぁ、今時ネットに書き込むのは小中学生でも出来るので、知恵の足りないボクちゃん達が書き込んでいると思って生暖かく笑ってあげましょう。まぁ、いつぞやの様な電波粘着系も困るのだが。

こちらとしては電波で語ってるつもりはねぇっすよ、推測しか出来得ない立場にいるってだけで。
ただ、状況証拠としてはInαさんが仰ってる通りです。ただ、誰も裁く事は出来ない代わりに心証としては限りなくクロに近いという印象を与えるのみ、というだけです。

さて、KANAさんが仰る事については、他でも書きましたが島本和彦先生が仰っている「大切なものは「動いて」、「行動的に」「能動的に」大切にしないと、応援してか無いと、無くなってしまってからでは、遅い」という事に繋がると思います。
最も、ネット上で「釣る」為の発言をと豪語する某PD様が聞く耳をもっているとは考えにくいです。なんか「どうせ国民はバカだから」とか言ってて捕まったどこぞの社長を彷彿と…そういや同じ大学でしたっけ?

投稿: 特命課桜井 | 2006.01.24 01:22

ども、こちらにも書かせていただいてよろしいでしょうか?(^^;
(なんか荒れそうな雰囲気がありますが、無視して)

オロチの鎮めの儀式がすっ飛ばされるのは、一応想定内でした。
(30分ですべてやるのは無理でしょう。)

桐谷君の瞬間移動はもはや・・・・
いや、彼は瞬間移動できるんですよ、もう。
つか、落ちた子の親は何しちょっと?

明日夢くんの学校って超進学校じゃなかった?
平均点低すぎ。ありえねー。

で、ワタシが一番わからないのは、最後、何しに明日夢は一人で戦いの場に来たんだろう?ってことなのですが・・・・

それと、最後はきれいに締めたつもりでしょうけど、あの終わり方するんだったら、桐谷君いらなかったね。

30話以降は、ホント、アナザーストーリ&パラレルワールドでしたね。
1stガンダム世代から見た、種ガンダムくらいの位置付けになりました。(あ、あくまでワタシの中でね。)

投稿: G | 2006.01.24 00:03

響鬼最終回、録画失敗して観られなかったのですが、どうやら観なくてもよさそうですね。


後、ふと思ったことを。

チーム白倉の人たちがヘーセーライダーでおんなじ様な作品(同じような欠点の)ばかり作るのは、受けて側に、「まあ元々子供向け番組だからねえ」「まあ毎年のことだからねえ」で納得してしまう人が多いから、というのがある思います。

受けて側がこの程度で満足なら、作り手側も、それ以上のものを作る必要も無くなるわけで。

私はあくまで「視聴」者なので、番組の良し悪し以外に興味が無いのですけど。

投稿: KANA | 2006.01.23 22:24

私見です。
1、通常テロップで、よりにもよって主役の名前を忘れるなど考えられない。
2、それに対する釈明を「おことわり」などと称することも信じられない。その文面も含め、役者および視聴者に対し「申し訳ないことをした」という気持ちが全くと言っていいほど伝わってこない。
3、細川氏のコメントからも、「脚本に対し意見した(実際に内容を変えた)」ことがうかがえる。脚本家側としては面白く思うはずもない。

と以上の材料から、「嫌がらせ」という推論を行うことは可能ではないかと思われます。

嫌がらせが事実かどうかなんてわかるはずもないし証明もできるわけありませんが、もし自分が役者で、同じような対応をされたら、はっきり言ってこんな奴等とは二度と仕事したくないと感じると思います。

投稿: Inα | 2006.01.23 20:51

>細川さんに対する嫌がらせ説が否定できなくなってきた気がするのだが?
「細川さんに対する嫌がらせ説」について「理路整然と語って頂きましょうか?電波で無くな。」

投稿: あーむ | 2006.01.23 13:45

この記事へのコメントは終了しました。

« 【カブト】制作発表「喧嘩上等?」 | トップページ | 【カブト】う~む… »