« <夜毎の音盤>舞-乙HiME オリジナルサウンドトラック Vol.2 乙女の祈り | トップページ | 追悼 宮川奏先生 »

2006.03.21

【バトン 特撮そして特撮音楽】「運命なんてこの手で掴む 荒ぶる都市で目覚める風がある」

しばらく更新サボってたら中島さんからイカしたバトンを頂いてしまいました。
要するに「響鬼終わったからってしょぼくれてんじゃないよ!」という励まし、と勝手に取らせて頂きました。ではいざ!

PC もしくは棚にある特撮、そして特撮音楽
PC: 以外と入ってない。響鬼と「SF交響ファンタジー」と歌物くらい。
棚: 特撮音楽のCD数百枚、資料関係の本が多すぎて棚から溢れてます。

今、頭に浮かぶ特撮、そして特撮音楽
困る、実に困る!根っから特撮漬けの人間にそんな事言われても!今、ていうか"最近"で良いですか?
作品的には「ウルトラマンマックス」外れもデカイが当たりもデカイ!例えオヤジ受け狙いだとしても、「ウルトラって良いな」と思わせてくれる一品。ミズキとエリーも良い味出してる。
音楽はやはり「仮面ライダー響鬼」これをおいて他にはありません。
特に「少年よ」
この歌だけは例え作品が途中で変節してしまったとしても、その魂を永遠に伝え続けてくれるでしょう。"紅白"の録画は自分にとっての宝物です。

最初に出会った特撮、そして特撮音楽
おぼろげにある記憶、台風?の中写りが悪いアンテナを母が屋根に登って直してくれたウルトラマン(ただし本放送か再放送か不明)、ウルトラセブン、ジャイアントロボの1話?格納庫のロボを覚えている。映画は「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」。
音、は間違いなくセブン。なぜかシングルレコードはセブン→マンの順番で買って貰った。そのうち「歌じゃない音楽はなんでレコードにならないんだろう?」と不思議に思うようになっていた。幼稚園のガキの発想ではない、生まれながらの劇伴マニアであった(^_^;)

特別な思い入れのある特撮、そして特撮音楽
これも困るが…トラウマ、という点で「ノストラダムスの大予言」(!)
小学校3年生で「淡々とバイクに乗ったまま海に身投げしていく若者達」を見せられた時点で耐えきれずに席を立ち、戻ったら核戦争になってた(>_<)あげくに軟体人間…!富田勲の音楽と岸田今日子の予言詩の朗読と…あれで私の人生観は見事に変わりました。
え?ヒーローは?じゃあココだけ反則でもういっちょ!
「未来戦隊タイムレンジャー」この年は「クウガ」もあり自分の中でも甲乙つけがたいのですが、私生活、仕事と辛い事が続いた時期でしたが、そんな中で「変えられない未来なんて無い!」の言葉にはどれだけ勇気づけられたか!小林靖子さん、ありがとう!です。
音楽は…これも冬木透、伊福部昭、渡辺宙明と拮抗してるのですが…特撮で、となると「帰ってきたウルトラマン」でしょうか。ウルトラマンのモチーフの大らかさ、暖かさ、MATのテーマの悲壮さ、厳しさ、勇気、はいい年をした今でも自分を奮い立たせてくれます。

思い入れのある特撮ヒロインと特撮女優
うーん、これも色々とですが、タイムレンジャーのユウリはいまだに好きなヒロインですね。今流に言うなら"ツンデレ"系ですか、ああいった頑ななヒロインには弱いです。作品も好きですしね。
女優さんは湯原弘美、とか言ったら狙いすぎですか?じゃあ……平成ゴジラシリーズの小高恵美さん。しばらくお姿を見かけませんが引退されてしまったのでしょうか?残念です。

バトンを回す人とその人に対するお題。
「特撮、そして特撮音楽」
「特撮、そして特撮ヒロインと特撮女優」
まとめて「特撮、そして特撮音楽と特撮ヒロインと特撮女優」でもOKだそうです。

バトンは、鷹司四郎さんほりり軍曹さんてりぃさん、におねがいしますっ!
(おつきあいがうすいのにナンですが一つヨロシクです)

|

« <夜毎の音盤>舞-乙HiME オリジナルサウンドトラック Vol.2 乙女の祈り | トップページ | 追悼 宮川奏先生 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

>てりぃさん
 それは失礼しました。その辺の個々の運営方針はそれぞれでしょうから、お気になさらないでください。

>中島さん
 それもまぁひとそれぞれ、という事で。
端的に言ってしまうならば、脚本/米村正二には文句はないけれど、原作/白倉伸一郎のマンネリさには不満たらたら、という所でしょうか?あと、戦闘シーンもうちょっとひねってくれないとおもちゃ売れないよってか、マスクドフォーム早々に意味無くなってるし。スピード遅いけど破壊力スゴイよとか、生かしようは有ると思うんだけどなぁ…。

投稿: 特命課桜井 | 2006.03.25 01:25

回答ありがとうございます。

ええと、最近の特撮なんですが、
申し訳ありませんが、
カブトは素直に楽しませてもらってます。

ボウケンジャーも、赤×黒のやおい展開がうすれてからこっち(さくらねえさんグッジョブ b!)おもしろくなってきたなと感じました。

ええと、今年は脚本家を一人ずつフィーチャーする連載企画めいたことをやっております。
ただし、突撃も考慮して連載に関してはコメントは出来ない仕様にさせていただいています。

投稿: 中島よしゆきHG | 2006.03.24 19:43

大変ご無沙汰しております、てりぃです。

この度はご指名いただき光栄でございます。それなのにこんなことを申し上げて恐縮なのですが、以前からバトンは全てお断りさせて頂いておりまして…。つい先日もかなり親しいブログさんからのバトンをお断りしたばかりなのです。大変心苦しいのですが、今回も遠慮させて頂きたく存じます。申し訳ありません。

時に、桜井さんも引き続き色々とご覧になっているようですね。自分とは違う角度から見る方のレビューは、いつも勉強になります。また刺激をいただきにお邪魔したいと思います。

投稿: てりぃ | 2006.03.23 02:09

鷹司さん、コメントどうもです。
江連卓氏ですか、表層だけみるとトンデモっぽいんですが、精神的な部分では一本芯が通ってる、という点では悪くないと思ってます。ただ、初期特捜最前線とかは??ですが。
メタルダーはねぇ…入れようか迷ったんですよ、次点ですかね。「負けたと思うまで人間は負けない」ってのは自分の座右の銘にしてる位好きなフレーズです。「歴史を刻むのか ピリオド打つのか」も。
>マックス
 バルタンやメトロンは自分的には大当たりなんですが、この辺は多分に年代差だと思います。「じじぃ共(失礼)元気だなオイ!」て感じで。イフの話も好きですよ、つーかボロ泣きしましたよ、アレは。
 スーパーヒーロータイムは今年はどうも乗れませんねぇ、自分的にはカブトが相当ダメで(この辺はまた詳しく書きます)戦隊はまだ化ける可能性があるので気長に…て所です。

>ほりり軍曹さん
 それは失礼しました。どうぞ落ち着かれてからで。ミッチて事はキョーダインでしょうか?

投稿: 特命課桜井 | 2006.03.22 05:11

ちょっと知人に不幸があってどたばたしてるので,落ち着いたら,アップします.私の場合は,「スタートレック」と「堀江美都子」のキーワードで答えはほぼ決まっちゃいそうですが(^^;)

投稿: ほりり空曹 | 2006.03.21 23:34

ご指名ありがとうございます、鷹司です。
ブログには現在「機動刑事ジバン」と「BLACK RX」の比較論を載せてあります。いや、あの2作どうも共通点が多いように感じたので…。
(ところで、特命課桜井さん的に江連卓氏のことはどう評価しているの
でしょうか?)

私の場合、特撮音楽で思い入れがあるのはメタルダーEDの
「タイムリミット」ですね。
舞の元から歩み去っていく流星がメタルダーの姿になるカットあたり
からが特に好きです。
(今考えると最終回のラストの伏線だったのかもしれませんね)

>作品的には「ウルトラマンマックス」外れもデカイが当たりもデカイ!

確かにそうですね。バルタンやメトロンの話はどう考えても大ハズレ、
イフやネリル星人の話は見てて感動ものでした。
そんなマックスもいよいよ今週で終了です。

現在のスーパーヒーロータイムですが、ボウケンジャーが思っていた
よりもシラけた展開な気がします。菜月の電波ぶりといい、カタルシスが半端なストーリーといい…。
「カブト」が米村正二氏参画で好展開なだけに少々残念です。

長くなって失礼しました。では。

投稿: 鷹司四郎 | 2006.03.21 18:04

この記事へのコメントは終了しました。

« <夜毎の音盤>舞-乙HiME オリジナルサウンドトラック Vol.2 乙女の祈り | トップページ | 追悼 宮川奏先生 »