« 【要注意!】この者荒らし犯人! | トップページ | 【カブト】はっきり言って… »

2006.05.24

<夜毎の音盤>ウルトラマンメビウス

ウルトラマンメビウス

作詞:松井五郎 作曲:鈴木キサブロー という、平成ウルトラでは一番"鉄板"なスタッフで作られた主題歌「ウルトラマンメビウス」。
作品から置いてきぼりだった「ネクサス」、反動でちょっと揺り戻しが過ぎた感もある?「マックス」と比較しても、実に王道のウルトラソングだ。特に詞については素晴らしい、の一言に尽きる。「いますぐできることはなんだろう」イイじゃないか?番組を観ている方なら周知だろうが「ウルトラマンに頼ってしまって良いのか?」「我々にもまだ出来る事はある」という考えが一つの課題となっている。この歌はまさにそのテーマそのものなのだ。やはり特撮ソングはやる気や勇気が出てなんぼ、である。
編曲の京田誠一はウルトラには珍しいが、コロムビアの特ソン、アニソンでは「セーラームーン」(アニメ、実写共に)「ボウケンジャー」等常連だけあって、ダンサブルにしてシンフォニック、かつ繊細な見事なアレンジでノレる。
因みにコーラス担当は歴代ウルトラ俳優達が参加しており、40周年作品らしいサービスだが、詞の中の一節「ファイトの意味は憎しみじゃない」「友情(きずな)はとぎれやしない」はコスモスとネクサスを思わせる心憎い一節だ。(コーラスには杉浦"ムサシ"太陽、五藤"詩織"圭子も参加)
もう一曲は二話の劇中ガンフェニックスの発進シーンで流れ、オールドファンを狂喜させた「Run through!~ワンダバ「CREW GUYS」~」。
「今回の佐橋俊彦気合い入ってんな~、スーパーGUTSの時以上に冬木っぽいよ」とか思ってたら…
 本当に冬木透作曲でした!!!!
しかも作詞満田禾斉ってこっちも鉄板スタッフでしたー!
ともかく燃える!メロディーライン的には「ボーンフリー」や「ダグラム」を想起させるが(特に間奏)まぎれもなく「ウルトラ」やっぱこうでなくちゃ!
本編では歌入りはあまりかかってないので、是非手にして聞いて頂きたい!

|

« 【要注意!】この者荒らし犯人! | トップページ | 【カブト】はっきり言って… »

特撮」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

<夜毎の音盤>」カテゴリの記事