« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月に作成された投稿

2006.08.30

<夜毎の音盤>ウルトラマンメビウス ソング・コレクション

例によってProjectDMMメインのアルバムなので、少々一本調子に感じられなくもないのだが、作曲に高取ヒデアキや佐橋俊彦も参加しているので変化はちゃんとある。
第11話「母の奇跡」でヒカリ登場を彩った「Radiance~ウルトラマンヒカリのテーマ~」を始めとして燃えナンバーは多いので、アルバムとしてはコスモスやマックスよりストレートに楽しめる。
また、オールドファンには番組でお馴染み「Run through!~ワンダバ「CREW GUYS」~」(満田かずほ&冬木透!)や新録音の「ウルトラ六兄弟」もある。
そして、今アルバムの目玉は何と言っても、第17話「誓いのフォーメーション」で"サラマンドラに対してフォーメーションヤマトで挑む"シーンを盛り上げた「スクランブル2006(extended Version) 」だ。
この曲は「ザ☆ウルトラマン」中盤で冬木透による追加録音の際"ワンダバ"を前提に作曲された物の、結局ワンダバVerはオクラ入りしてしまっていた。何とそれを27年ぶりにオリジナル曲にワンダバを重ねた新生バージョンなのだ!よもや21世紀に"ワンダバ入り"科学警備隊のテーマが聴けるとは。リアルタイムで「ザ☆ウル」「80」を視ていた世代には格別の感動がある一曲なのは間違いない。

あ、音頭とかウルトラマンケーキとかも入ってますが、大きいオトモダチはいちいち目くじら立てずに御愛嬌、という事で(^_^;)

|

2006.08.02

<夜毎の音盤>「舞-乙HiME ベストコレクション」

舞-乙HiME ベストコレクション

舞-HiMEに続いてのベスト盤。
今回は番組最終期に使用されつつも未収録になっていた劇伴との二枚組なのだが…この未収録盤が何というか圧巻の曲揃い!
HiME伝説総括とばかりに前作の「媛星」「愕天王見参!」「It's only the fairy tale」等のモチーフがあちこちに顔を見せる。
特に圧巻なのがデュランが黒曜の君が迦具土が乙HiME達と交錯し「目覚め」と「MATERIALISE」が激突する「乙HiMEの狂宴」と
12分の大作「組曲舞-乙HiME」と言って良い「舞乙女SAGA~Memolial Medley」まさに鳥肌物の興奮に誘われる。
歌の方も何度か使われたEDの別テイク(歌い出しがアカペラのアレ)「乙女はDO MY BESTでしょ?(Mellow ver.)」に詞も感動的な
"四番"を含む「星が奏でるものがたり(Full ver.)」収録とまさに痒いところに手が届くうれしさ。
シングル全部持っている人も、HiMEファン、乙HiMEファン、
まして梶浦ファンなら絶対買うべき!
必携の一枚と断言させてもらおう。

| | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »