« ぷち風雨来記200610 霧多布湿原 | トップページ | 追悼 実相寺昭雄監督 »

2006.11.29

【ウルトラマンメビウス】「その顔は何だ?その眼は?その涙は何だ!」

前週の予告を何度となく見返して待っていましたが、ある意味今までのメビウスよりさらに暑苦しい(褒め言葉)燃える一本となりました。そう、獅子の瞳の男、復活です!あ、おおとりじゃなくておゝとりです。掲示板でつるはし隊員さんから突っ込み入ってます。

 「俺は地球での最初の戦いで、沈むこの島を守れなかった。」
実は、直接レオのせいじゃないんですけどね。まぁ、初戦でギラス兄弟を完全に倒してればって事でしょうけど。「レオ」の一話見直しましたが、沈んだのが大黒島だったり大津島だったりと混乱しています。レオに変身!おぉ主題歌アレンジーっ!て思ったけど、タロウ同様登場ブリッジだけなのね、ちょっと残念。
レオの殺陣はオリジナルにかなり忠実で良いです。「レオキックだ!」って地球人公認の技だったのか(^_^;)

 「お前達の戦いは、必ず勝たねばならない戦いなんだ!」
 「その顔は何だ?その眼は?その涙は何だ!そのお前の涙でこの地球が救えるのか?!」

いずれもかつてダンがゲンに投げかけた言葉ですね。(第4話「男と男の誓い」)劇場版のウルトラ兄弟のテーマも悲壮感を盛り上げてくれます。「レオ」ならここで即ダンのオニの様な特訓に突入!ですが…。
「ドキュメントMACによれば、ウルトラマンレオは幾度も宇宙人や怪獣に敗れています」って、星取全部記録されてるのね、格好悪い戦いはできんなぁ(EX:四股踏んだりとか)

  「きっとレオはその孤独さえも力に変えて戦ったんだ。」
それだけの覚悟を持って守り抜いたから他人の星を故郷と言い切れるんじゃないか、と言うサコミズ隊長。主題歌のストリングスアレンジが泣かせます。"守る者の覚悟"確かにメビウスのこれまでのストーリーでその辺りが語られる事はありませんでした。戦闘機を撃墜される事もほとんどなく、とてつもない強敵もせいぜいインペライザーくらいだったメビウス&GUYSにとっては欠けていた認識、かもしれません。かくして特訓!となる訳ですが(嬉しそうなリュウに突っ込むマリナがイイ)。
惜しむらくは、今エピソードが一本のみだったという事。前後編にすれば、GUYSも星人に対しての対策を立てるという局面があったのでしょうが、せっかくのリュウの"自覚"が対星人戦に生かされる事無く終わってしまったのはちともったいない。

 「男はいつも一人で戦うんだ。自分自身と戦うんだ」
レオをリスペクトした本エピソードで一歩踏み出した部分、でしょうか?「レオ」をトレースするならここで、ゲンがジープを駆ってミライを追い回すべき所でしょうが(違う)ここでのゲンは見守るのみです。真夏さんはやりたかったらしいのですが(爆)
特訓を"見に来ただけ"のマリナとジョージのカットはよくわからん。テッペイ達の焼き芋と繋がらないし。木を摩擦させて火をおこすリュウ。「器用ですね」と言うコノミですが、マリナだったら「暑苦しい」の一言でしょう。これが後のヒントになる訳ですが、定規をビヨ~ン(バイブ星人)よりはましか。

 「預けておいた命、頂きにあがりました。」
レオのエピソードとしては、少々違和感があるのがこのリフレクト星人。だいたい、レオに出てきた"星人"って人語を話さず目的不明の通り魔みたいな連中ばっかりだったからねぇ。重装甲系というのも。それとは別にリフレクト星人のデザインにえらくデジャビューを感じるんですが気のせい?なんかねぇ、スパロボの敵メカとかであんなの居なかったっけ?気になって仕方が無いんですが。閑話休題。まぁ市街地破壊もなく目的不明な出現、という点ではまさに"レオ系"星人でした。
きりもみ(?)キックで反撃したメビウスに対し、人質をとる星人。絶妙なタイミングでレオ登場!今度こそ主題歌アレンジ…はやっぱ流れないのね(T_T)まぁそれじゃゲストが圧倒的に格好良すぎますか。
決め技のレオキック「イィヤアァァァァァァーーッッ!!」がなんとも嬉しい。爆発の逆光でシルエットが浮き立つのもまた良し。そういや、今回補佐官はギャグ無しなのね。

 「礼を言われる程の事でもない」
そのツンデレぶりは師匠譲りですか?(^_^;)「お前達になら託せそうだ。俺の、故郷を。」影ながら特訓に協力したリュウ達を含めて、という事でヨロシイでしょうか?レオ兄さん!
前述した通り、せっかくのレオ登場編、前後編でも良かったのでは?というのが率直な感想。もったいないというのが一番なんですが。例えば初戦ではレオの力で撃退→お前には任せられない→特訓→GUYSも特訓→再戦でGUYSとメビウス検討するもピンチ→レオ助っ人でも充分持ったしレオの単独見せ場もあったかな?と。とはいえ、一話でやった事で高濃密度に仕上がっているのも事実で、お腹一杯感もありますので基本的には言う事無し!です。特に"守る者"としての自覚を問うた事は意義があると思いますので、以後のエピソードで是非生かして欲しいところです。

次回は、ウルトラ史上最も化けるのが上手かった星人の登場です。いやぁレオとはニアミスですね。声が二又一成だったら爆笑だぞ。

あ、先週フェミゴンの話は気に入らなかったとかじゃなくて、風邪ひいて体調崩してたら書き損なっただけです。特に不満無し、って感じでした。自分的には。

|

« ぷち風雨来記200610 霧多布湿原 | トップページ | 追悼 実相寺昭雄監督 »

ウルトラシリーズ」カテゴリの記事

ウルトラマンメビウス」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事