« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月に作成された投稿

2007.01.31

<夜毎の音盤>「生物彗星WoO オリジナル・サウンドトラック」

BShi,BS2に続いて現在はNHK総合で放送中の「生物彗星WoO」ですが、やっとこさサントラの発売となりました。音楽担当はゲイリー芦屋氏。「浪速少年探偵団」「料理少年Kタロー」他のNHK作品、「コワイ女」(監督/雨宮慶太)等ホラー系の音楽を多く担当している方です。

続きを読む "<夜毎の音盤>「生物彗星WoO オリジナル・サウンドトラック」"

|

2007.01.30

<夜毎の音盤>新譜速報

コロムビアの3月発売ラインナップがかなり気合いが入っているので御紹介。

「轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊 オリジナル・サウンドトラック 」(3/21発売予定)
 東映ビデオから3月発売のおなじみVSシリーズ。今回アニバーサリー戦士"アカレッド"が出るのは、情報各紙で御覧になっているかと思うが、なんとその挿入歌をなんと!渡辺宙明先生が手がけるのだ!(作詞/會川昇)しかも歌うは串田アキラ、MoJo、宮内タカユキという超豪華さ!しかも劇伴にも宙明先生が特別参加!TVシリーズでは無いとはいえ、宙明サウンドが劇伴として復活するのは89年の「機動刑事ジバン」以来という快挙!これが興奮せずにいられるか!

「魔神天使 マジンガーエンジェル2 リッスン・マジンガーエンジェル」(3/21発売予定)
 続いて宙明サウンドネタでもう一つ。昨年発売された「マジンガーエンジェル」(マガジンZ連載中)のイメージサウンドトラックの第二弾が登場。前回何故か新曲にも関わらずTVサイズ収録だった「マジンガーエンジェルのうた」(歌/堀江美都子)がやっとフルサイズ収録されるとの事。他の収録楽曲はマガジンZ誌上での早川優、八木仁両氏によるコラムに沿ったものとなり、Z、グレートのみならずデビルマン(三沢郷)、キューティーハニー(渡辺岳夫)、グレンダイザー(菊池俊輔)からもセレクトされバラエティに富んだ物となりそうだ。コンプリートしている人には魅力薄かもしれないが、こういった"夢の競演"も悪くない。願わくばゴッドマジンガー(羽田健太郎)もこの際!というのは欲張り過ぎか?

 

「ウルトラセブン コンプリート・ミュージック・コレクション」(3/21発売予定)
最後は今年が40周年のウルトラセブンである。CDとしては88年(だっけか?の)キングの二枚組以来何枚もリリースされてきたのだが、今回は三枚組という事で冬木透氏の他ドラマからの流用曲も含めた完全版が期待できそうだ。特に「セブン暗殺計画」「史上最大の侵略」等の完全構成、音質のリマスタリングにも期待したい。

2月にも「ウルトラマンティガ」、「超人機メタルダー」のコンプリート盤が控えており、特撮サントラファンはまさに嬉しい悲鳴状態!の春となりそうだ。

|

2007.01.29

【ウルトラマンメビウス】ウルトラシリーズ3月で打ち止め?

残念ながら「メビウス」3月で終了の後の新たなウルトラシリーズは無いようです。

http://d.hatena.ne.jp/YUYUKOALA/20070126/UltraSeries
↑情報源 悠々日記様

どうやらゴジラのように「これで打ち止め」と宣言している訳では無さそうですが…。
昨年の映画もあれだけ当たったにも関わらず、松竹の新作ラインナップにも今の所名乗りが上がってません。
ただ、4月の新番は無いといっても7月や10月はもちろん未定ですし。

もっと言うならば、過去ウルトラシリーズは何度も中断小休止して充電している訳ですのでことさらに悲観しまくる必要も無いのでは、と思います。
どこぞの番組みたいに無理矢理電車に乗せてまでライダーを名乗るよりは遥かに健全なのではないか?と、自分は考えます。

で、メビウス。
矢的猛登場の興奮も醒めやらぬ中、翌週は佐原健二氏にゾフィー、ゴモラ、レッドキングの豪華版!
そして、ホビー誌の情報によれば映画に続いての北斗星司再登場、そして超獣ルナチクス!という事はまさかあの月星人……?さらには郷秀樹の姿も!
紛れもなく歴史的な瞬間を目撃している、といっていい今のメビウス。
最終回まで一週たりとも見逃さず行きたいところだ。

|

2007.01.28

【ウルトラマンメビウス】「大切な、わたしの生徒達だから…」

もう、何と言っていいのやら。涙で画面が見えませんでした。今回は完全にメビウスとGUYSは脇に。というか、これは「ウルトラマン80」第51話!といっても過言ではないでしょう。

「先生も登校拒否した事あってな」「先生も?」
 「地球をしょって立つ」あぁ、そういえばそんな事やってましたっけねぇ?バカみたいだけど、バカやってくれる先生って貴重ですよ。"ウルトラマン先生"って当時でこそ流行物?的な空気でしたが、今こそ、必要なのかも?と思ったり…。登校拒否の生徒も迎えに来たクラス委員の二人も、幼さ加減がなんとも中一っぽくて良い。当時の生徒達もこんな感じでしたね。
大地に降り立つ80!「ピキーン!」という効果音が懐かしい!あのポーズを切る時の「フォッ!」という音も。この辺りは、当時助監督、今回の特技監督鈴木健二さんのこだわりだそうです。グッジョブ!
鈴木監督の当時の奮闘ぶりは↓に詳しいです。

続きを読む "【ウルトラマンメビウス】「大切な、わたしの生徒達だから…」"

|

2007.01.25

<夜毎の音盤>ウルトラマンティガ コンプリート・ミュージック・コレクション

気が付けばかれこれ10年、のウルトラマンティガ。
第1話でのティガ復活シーンの感動は未だ忘れる事ができない。
USA、グレートやパワード等何とかその命脈は保たれていた物のテレビシリーズの復活など夢、と思われていた日々。思えば全てはここから"再び"始まったのだ。
その劇伴が三枚組CDに纏められ発売となる。

続きを読む "<夜毎の音盤>ウルトラマンティガ コンプリート・ミュージック・コレクション"

|

2007.01.22

ぷち風雨来記200610 涙岬

琵琶瀬から西へ、風雨来記ではお馴染みの涙岬にやってきました。

Dscf0177
駐車場からは結構歩きます。雨だったので足下がずぶ濡れに(T_T)
Dscf0209

これが涙岬、岬の先にご注目を。

続きを読む "ぷち風雨来記200610 涙岬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »