« ぷち風雨来記200702 | トップページ | ぷち風雨来記200704支笏湖 »

2007.04.02

札幌で見つけたおいしいラーメン屋さん

何故か2週間程札幌出張となっています。仕事の方は余りにしんどい状況で洒落になってないんですが、さすが札幌。それもすすきの近辺のおかげで、食べる物には困りません。というか、今の所ハズレはひいていません。
特にラーメン。歩いていて適当に入っても、その店その店なりに美味いのはさすが激戦区!といった所です。熱く語れる程のラーメン好きではないのですが、今回お気に入りになったお店を紹介したいと思います。

 その名は弟子屈ラーメン

 昨年の道東行の際に何の予備知識も無しにふらっと入った(車がそこそこ停まってたからまぁ大丈夫だろうくらいに)お店でしたが、なかなかの味でした。今回はます゜西区二十四軒町の本店に。前回と同じく鮭冬葉(しゃけとば)塩を注文、食べてみて間違いない、と店の人に聞いてみるとやはり弟子屈郊外にあったお店と同じとの事。しかも、すすきののラーメン横丁にもあるので是非、との事。今回自分が滞在しているウィークリーマンションからすすきのは5分とかからず、とあっては行かない手はありません。で、行ってきました。これがその鮭冬葉塩です。

20070401214032

 手前に乗っているのは鮭の身です。スープのベースに鮭冬葉を使っているとの事。鮭冬葉とはもともとアイヌの保存食で、鮭を冬の冷風にさらして乾燥させ旨味とこくを出した物だそうです。スープは澄んで重くないので、こってり嗜好の人には物足りないかもしれませんが、ともかく、こくと旨味は抜群に良いのでぐいぐいと最後まで飲み干せます。(店主さんにお礼を言われました(^_^;))麺は中太のちぢれ麺でこれも良いです。海苔がちゃんと炙ってあるのも芸細です。これで700円。自分としては文句なしに気に入って本店と合わせて三度頂きました。
 店主さんが気さくな方で色々と話してくださいました。元々は弟子屈の焼き肉屋のおばちゃんが作ってくれたラーメンが気に入って研究して、本店とらーめん横丁店を出したとの事。意外や弟子屈町の総本店の方が後からの出店なのだそうです。お土産用のカップ麺バージョンのポスターが有ったのですが、残念ながら今は品切中との事。前に一度ローソンで販売した事もあるそうなので気になる人はチェックして見ては?二回目に行った時は、厚岸出身という初老のオジサンが厚岸の牡蠣とかわなべ(皮鍋?川鍋?)について熱く語ってました。オジサンいわく「テレビとかに出ちゃうと有名になって地元の人が食べれなくなるから教えないんだ」だそうです。どんなもんなんでしょ?
 どちらかというとお店のオススメ的には味噌がメインのようなので今度はそちらも試してみたいと思っています。しかし、お店の人と色々話しながら食べれるあたり、なんか北海道の良さみたいなものを感じられて、なかなか楽しかったです。

さっぽろラーメン横丁
弟子屈ラーメン総本店の場所 弟子屈市街地から摩周湖に向かうパイロット国道の左側、建物大きいので割とすぐ分かります。

|

« ぷち風雨来記200702 | トップページ | ぷち風雨来記200704支笏湖 »

北海道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/14491160

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌で見つけたおいしいラーメン屋さん:

« ぷち風雨来記200702 | トップページ | ぷち風雨来記200704支笏湖 »