« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月に作成された投稿

2007.06.24

<BOOK>"さらば朝日ソノラマ"
「ウルトラマンメビウス アーカイブドキュメント」

 特撮ファンには「宇宙船」「ファンコレ」SFファン、アニメファン等にはソノラマ文庫でお馴染みの出版社、朝日ソノラマの解散が決まったそうです。
もう20年も債務超過だったのが16億円にまで膨れあがってしまい、自力再建を断念したとの事。

http://www.asahisonorama.co.jp/

 子供の頃、ウルトラマン等のソノシートを擦り切れるまで聴いた、そんな想い出のある方は40歳台の方には多いのではないでしょうか。自分の場合、従兄弟のお下がりで貰った数々の盤が印象深く残っています。「サイボーグ009」「エイトマン」「ワンダースリー」「快獣ブースカ」等々自分が一、二歳の頃の作品を興味深く聴いたのを覚えています。音と画から実際の画面を想像する、あるいはプレイバックするという事を我々の世代は強く"訓練"されたものですが、それはまさに朝日ソノラマのソノシートからだった、と言っても過言ではありません。(同業他社としてはエルムの名も思い出されます)

続きを読む "<BOOK>"さらば朝日ソノラマ"
「ウルトラマンメビウス アーカイブドキュメント」"

| | トラックバック (1)

2007.06.05

追悼 羽田健太郎先生

ヤマト完結編の音楽を聴きながら書いています。
作曲家、ピアニストの羽田健太郎先生が2日、肝細胞がんでお亡くなりになられたそうです。
伊福部昭、宮川奏、宮内國郎といった方々に続いて…と言うには余りに早過ぎる、実に残念な限りです。

最初にそのお名前を見たのは交響組曲「宇宙海賊キャプテンハーロック」のライナーノーツ上でした。「愛~愛,そして平和への祈り~」でのピアノソロについて横山菁児氏が絶賛していたと記憶しています。(作品で言うと第1話でまゆのもとにハーロックが現れるシーン)また、「宇宙戦艦ヤマト」のシリーズでも「大いなる愛」を始めとしたピアノの名曲は氏の演奏による物でした。以降、NHK等で氏が出演して演奏している時など、音だけ聴いてて「あれ?ハネケン?」てわかる様になりました。ピアノって鍵盤楽器だから誰が弾いても同じ音色が出そうな物ですが、明らかに柔らかいというか優しい音色になっていたのは未だに不思議でなりません。
 曲として強烈な印象を残したのは「宇宙戦士バルディオス」でしょうか。合体シーンがなかなか格好良いのと、劇場版での圧倒的な破滅のイメージが印象深い物がありました。キングレコードさんには是非完全版のリリースをお願いしたいところです。(TV版のフィクサー1特攻シーンの曲とか未収録でしたね)余談ですが、「まんが水戸黄門」での黄門様の印籠シーンがバルディオス合体シーンと同モチーフだったのには、仰天しましたが(^_^;)

続きを読む "追悼 羽田健太郎先生"

| | トラックバック (3)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »