« ぷち風雨来記200704支笏湖 | トップページ | <BOOK>"さらば朝日ソノラマ"
「ウルトラマンメビウス アーカイブドキュメント」 »

2007.06.05

追悼 羽田健太郎先生

ヤマト完結編の音楽を聴きながら書いています。
作曲家、ピアニストの羽田健太郎先生が2日、肝細胞がんでお亡くなりになられたそうです。
伊福部昭、宮川奏、宮内國郎といった方々に続いて…と言うには余りに早過ぎる、実に残念な限りです。

最初にそのお名前を見たのは交響組曲「宇宙海賊キャプテンハーロック」のライナーノーツ上でした。「愛~愛,そして平和への祈り~」でのピアノソロについて横山菁児氏が絶賛していたと記憶しています。(作品で言うと第1話でまゆのもとにハーロックが現れるシーン)また、「宇宙戦艦ヤマト」のシリーズでも「大いなる愛」を始めとしたピアノの名曲は氏の演奏による物でした。以降、NHK等で氏が出演して演奏している時など、音だけ聴いてて「あれ?ハネケン?」てわかる様になりました。ピアノって鍵盤楽器だから誰が弾いても同じ音色が出そうな物ですが、明らかに柔らかいというか優しい音色になっていたのは未だに不思議でなりません。
 曲として強烈な印象を残したのは「宇宙戦士バルディオス」でしょうか。合体シーンがなかなか格好良いのと、劇場版での圧倒的な破滅のイメージが印象深い物がありました。キングレコードさんには是非完全版のリリースをお願いしたいところです。(TV版のフィクサー1特攻シーンの曲とか未収録でしたね)余談ですが、「まんが水戸黄門」での黄門様の印籠シーンがバルディオス合体シーンと同モチーフだったのには、仰天しましたが(^_^;)

災害シーンの圧倒感、出動シーンの格好良さ、レスキューシーンのスリリングさ等、氏の音楽無くしては語れない作品です。編成も厚く聴き応えがあります。

ジャズ色が強いのですが、洋画やクラシックのパロディがあったり多彩な内容。ネルソン三姉妹を彩る哀しくも美しいストリングスやクリスタルボーイの暗躍シーン等の曲(「西部警察で頻繁に流用されてました」)も良いが、主題化アレンジを含めた"漢・コブラ"を描写した曲のカッコ良さ!日テレにルパンあればフジにコブラあり!と言った感がありました。

なにせ、自分の同人サークル立ち上げた時が「マクロスFC」ですからね。忘れようとしても忘れられません。「ドッグファイター」「運命の矢」等のイカしたバトル曲もさる事ながら、ミンメイの数々のバラエティに富んだ歌曲でしょうか。劇場版はスケール感もありまたラブテーマの美しさと素晴らしく、劇伴としての完成の域に達したとも言える素晴らしい出来です。

遂に宮川奏と肩を並べての参加。主にディンギル星関連の担当が多かったのですが、水没シーンの迫力、ルガール大総統とJr.の息詰まる対話シーン等素晴らしい出来です。「薄幸のディンギル少年」には映画館で泣かされました。そして、9分に及ぶ大作「SYMPHONY OF AQURIOUS」沖田艦長によるヤマトの自沈シーンを圧倒的なピアノコンチェルト(もちろん自身の演奏)で彩りました。早川優氏も述べていますが、完結編はいろいろな部分で今ひとつ評価が低いのですが、羽田、宮川両氏の音楽も含めて再評価が為されても良いのではないでしょうか。  

宮川メロディーと自身の分も含めて再編曲した"交響曲"。ヤマト音楽の終着点とも言えます。特に最終楽章での徳永二男のバイオリンとのドッペルコンチェルトの演奏は感動の二文字です。映像演出はこれも先年物故された実相寺昭雄監督。意外と思われるかもしれませんが「オーケストラがやってきた」等で活躍されていた事を知れば最高にベストな人選。

キャラクター作品としては最後の作品。意外な事に実写ヒーローは初めて。山下康介達後輩四人との共作であるが、爆竜合体等まさにベテランの技!であり安心して観る(聴く)事ができた。

"ハネケン入門編"フィルムからの収録ではあるが「戦国自衛隊」等の貴重な音源、初期作品の「宝島」「ムーの白鯨」、初音盤化となる「おにいさまへ…」、他にも「西部警察PART-Ⅱ」「渡鬼」等バラエティに富んだ二枚組。「あしたに生きろバルディオス」の初CD化もポイント高い。

近年は「題名のない音楽会21」での軽妙、と言うよりはベタベタなダジャレ全開(^_^;)の司会ぶりが好評でした。「アバレ」でまた映像音楽に戻ってきてくれたと思っていただけに残念でなりません。
改めて御冥福をお祈りします。

|

« ぷち風雨来記200704支笏湖 | トップページ | <BOOK>"さらば朝日ソノラマ"
「ウルトラマンメビウス アーカイブドキュメント」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

<夜毎の音盤>」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/15320014

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 羽田健太郎先生:

» [訃報]羽田健太郎さん58歳 [BBRの雑記帳]
訃報のエントリが頻繁になるのは決して本意ではないのですが、こちらも驚きました。 ピアニストの羽田健太郎さんが死去(YOMIURI ONLINE) (元ニュースはこちら) (記事引用) テレビの音楽番組などで親しまれた作曲家でピアニストの羽田健太郎(はねだ・け...... [続きを読む]

受信: 2007.06.05 22:04

» 別荘「音楽室」に「羽田健太郎を悼む」奉納 [アルフォン少尉の館 屋根裏の手記]
 夕方から一気に書き上げた。アマゾンリンクなどの微調整は必要だが、兎も角今日じゅうに上げておきたいので。  ここからも行ける。→http://members2.jcom.home.ne.jp/alphon2202/villakentarohaneda.html... [続きを読む]

受信: 2007.06.06 09:14

» 羽健さん、さようなら [net@valley]
 ハネケンこと羽田健太郎を知ったのはもちろん「宝島」の音楽でだった。  主題歌もすばらしかったが、劇伴の印象が鮮烈で、あの音楽なしで「宝島」の演出は生きなかった [続きを読む]

受信: 2007.06.08 10:21

« ぷち風雨来記200704支笏湖 | トップページ | <BOOK>"さらば朝日ソノラマ"
「ウルトラマンメビウス アーカイブドキュメント」 »