« <夜毎の音盤>「エル・カザド オリジナルサウンドトラック2」 | トップページ | ぷち風雨来記携帯投稿 200710 »

2007.10.06

【ULTRA SEVEN X】

4月放映から紆余曲折の末の新作放送となった新作ウルトラセブン。当初、従来通りバンダイをスポンサーにつけ森次晃嗣氏も出演予定だったというが、結局「深夜枠高年齢対象、玩具同時展開無し、スポンサーはVAP」となった。

1話を観た限りでは、

まぁ悪くはない。アダルト向けだからと言っていたずらにスレた雰囲気にしたり、斜に構えて皮肉った内容になってないのは好感が持てる。この辺はなまじ上っ面だけヒーロー否定っぽい事をやっていた割には全体的に中途半端さが横溢していた「ネクサス」(除く千樹憐編)よりはまともに思える。
役者は男女ともにイケメンどころが揃っているようだが、東映のような軟弱っぽい雰囲気をあまり感じさせないのは良い。
情景描写はブレードランナーとまでは行かないが、明らかに我々とは違う世界だという描写も出来ている。いかんせん、巨大化バトルが殆ど実景CG合成でセット皆無なのは、予算の都合だがちと淋しいものがある。企画段階において、予算面から円谷プロ側がセブン巨大化を渋ったのが、メビウス後の放送見送りの主原因だったらしいのだが、ドラマがこの展開なら無理に巨大化する必要は無かった気がする。あと、大谷朗も年取っちゃったなぁ、特捜最前線での犯人役とかやってた頃はイッちゃった凶悪犯や殺し屋演じると最強だったんだが。もう少しハジケてくれると楽しめたのだがちと惜しかった。
ドラマの縦軸としてはジンの記憶が鍵になっていくようだが、殆ど毎話脚本家は入れ替わるとの事で、元々のセブンやマックスのようなアンソロジー的な展開にする、と既に語られており、過度に謎解きに走っていく心配は無さそうだ。ネクサスのような中途半端な物ではなく、完全にドラマ特化した内容になっていくか?は今後を見守りたいところ。

しかし、(最近のライダーにしてもそうなのだが)キャラクターが「ウルトラセブン」である必然性はあまり感じない。侵略ドラマという点ではどちらかというと、「ミラーマン」のテイストに近いのではないか?
あぁ、ついでだから言っちゃうと自分は「メタルヒーロー(母船の変わりの電車でしょ?)がバラエティショーやっている」のには「ライダー」のブランドが必要だとは微塵も思ってませんので。(電王については終わった時にでも書きます。好きな人までこきおろしてしまうつもりは無いので。製作側に対しては凄い罵詈雑言を浴びせたいのですが)
「ライダー THE NEXT」のPG12指定といい、今作といい、共通しているのは「子供の切り捨て」であろう。要するに少子化も極まって、玩具でのマーチャン収入が期待出来ない→大人層だけで引っ張れる内容を、という流れが出てきたのだろう。だが、逆にそこには「ライダー」「ウルトラ」という"ブランド"が必須となるのは皮肉だ。しかし、果たして子供を切り捨てたジャンルというのが、10年先に生きながらえる事が出来るのだろうか?
金が微塵も無い時に作られた「ウルトラファイト」は、確かに当時"出涸らし商法"とまで蔑まれる内容だった。でも、そこにあった「金が無いなら工夫と気合いで」何とかしようとした、あのハチャメチャなエネルギーが、当時のオレ達ガキ共の心を捉えたのでは無かったか?(というのは後付に過ぎる気もするが)
大人向けがイカン、多様化するのが悪い、とは言わないが、"子供向け"にまだまだやれる事が有るのではないか?と思えてならない。
最近は特撮ネタで書く事も少なくなってしまったので、ついつい辛口になってしまったが、今後の「セブンX」には期待している。

でも、秋新番一番の怪作は「Kawaii! JeNny」で確定です。
浦沢義雄バンザイ!

|

« <夜毎の音盤>「エル・カザド オリジナルサウンドトラック2」 | トップページ | ぷち風雨来記携帯投稿 200710 »

ウルトラシリーズ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/16673350

この記事へのトラックバック一覧です: 【ULTRA SEVEN X】:

» ウルトラセブンX:Episode1 [KITAKO'S BLOG]
Episode1 教えてくれ俺は誰なんだ? ついに始まりました、セブンX、私個人の今回の総評としては、「おもしろい!」ですね。 旧セブンとの決定的な違いは、主人公の記憶が無いこと。防衛隊は、秘密裏に行動するということですね。 簡単なストーリー 目を覚まし...... [続きを読む]

受信: 2007.10.07 09:28

» ウルトラセブンX エピソード1 [●○海老太郎のアナーキー日記○●]
某掲示板と感想がかぶっていますが ご了承の程をお願い致します。 録画していた新番組 ウルトラセブンXを観ました。 放送されている地域が限定されているので まだご覧になっていない方のために詳細を省き、軽い感想にしておきます。 舞台は近未来らしき世界・・・・ 幻想的なドラマの始まり、謎が謎を呼びそうなストーリー。 アダルトな雰囲気が全編を包み込んでいます。 ネクサスに近いノリです。 記憶を失った男。。。コードネームはジン。 デウスにエイリアンを秘密裡に抹殺することが使命と伝えられる。 そして彼に託... [続きを読む]

受信: 2007.10.07 18:01

» 「ULTRASEVENX」の世界 Episode1 究極の発進 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
ULTRASEVENX Episode1 DREAM ALIEN ガルキメス 脚本小林雄次 監督八木毅 [続きを読む]

受信: 2007.10.07 20:37

» 「ULTRASEVEN X」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「ウルトラセブン」の放送開始から今年で40年。その記念作品として製作された「ULTRASEVEN X」がTBS系列では一昨日から放送開始となった。「記念作品なのだから広い層に見て貰いたいのに、午前2時25分から同2時55分迄という丑三つ時の放送時間は何とかならないものか?」という思いは未だに在るが、今春に「ウルトラマンメビウス」が終了して以降は暫くウルトラ・シリーズが見られないだろうと思っていただけに、僅か半年での新作を見られるのだから良しとしなければならないのだろう。直ぐに見てしまうのは余りにも勿... [続きを読む]

受信: 2007.10.08 01:04

» ULTRASEVEN X Episode1 ウルトラアイ [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
巨大エイリアン・ガルキメス登場   水中を漂う・・・・水泡・・・・夜の都市を俯瞰・・・・モノトーンの部屋・・・・。  難解なスタートシーンです。  記憶を失った男ジンの黒い衣装はマトリックス風。  ジンが目覚めた部屋から飛び降り、頭上高くに去っていった部屋が爆発するシーンは格好イイ  人間に擬態したエイリアンの女を「沢尻エリカ」が演じていたら怖かったろうなぁ・・・。  このエイリアン達との格闘シーンもワイヤーアクションらしき動きが散りばめられ、香港映画のような雰囲気・・・。  ... [続きを読む]

受信: 2007.10.09 09:22

» ULTRASEVEN X [よろずな独り言]
 先日,消えてしまった原稿を復刻いたしました。一度消えてしまったので,当初の内容と一部変わってしまっているところもありますが,御了承願います。 [続きを読む]

受信: 2007.10.10 23:10

» UltrasevenX エピソード1 [空想非科学少女]
UltrasevenX 土曜日3:25から起きてて見ました。3時25分はきついわ [続きを読む]

受信: 2007.10.11 00:38

« <夜毎の音盤>「エル・カザド オリジナルサウンドトラック2」 | トップページ | ぷち風雨来記携帯投稿 200710 »