« 【マクロス】「愛・おぼえていますか」DVDBOX | トップページ | 【大決戦!超ウルトラ8兄弟】出演ウルトラマン確定 »

2008.01.05

ウルトラセブンに登場の「ピラミッド」??

とのasahi.comの記事タイトル。
って、セブンにピラミッドなんか出てたっけ?と読んでみたら…

あぁ、プロテ星人「ひとりぼっちの地球人」の時のアレね。
http://www.asahi.com/culture/update/0104/TKY200801040137.html
学習院大の校舎だったんですね、なぜか東大と覚え違いしてました。
昔の特撮では、結構先鋭的なデザインの建物が多かった気がします。(スペル星人のアジトのマンションとか)
実相寺監督が「ジャミラの時の淀橋浄水場の辺り(今の新宿高層ビル街)とかで撮ったフィルム(カットされた)を保存しておけば貴重な記録になったのに今思えば勿体ない事をした」とおっしゃってましたが、29話もある意味において、記録フィルムとなっていくのでしょうね。
話がいきなりアニメに飛びますが、OVA版「究極超人あ~る」には、90年当時の豊橋駅前が克明に描写されてまして(あ~るたちが噴水の前で野宿してた)地元民としては笑わせてもらったのですが、それから程なく駅前は大改編(というより大改悪?アレで駅前は却って寂れてしまったと悪評芬芬らしい)されてしまって、往時の面影はまさにアニメフィルムの中にのみ…となってしまいました。いみじくも、笠原弘子歌うED主題歌に「久方振りに降りた駅だけどいつの間にやら建て替えられちゃって全然知らない街みたい」というような(注:JA○RAC対策)歌詞というのがまた泣ける話(もちろん当時はそんな事想定して作った詞では無い筈)で、帰省の際に豊橋駅前に立つたびにその歌を思い出してしまったりする訳です。
有為転変は世の習い。形あるものはいずれ消えゆく定めとは云えど、遥か中近世の建物はともかくとして、むしろ近現代の建築の方が世の流れに押し流されていくのは、止むを得ない事…なんでしょうかねぇ…。
せめて、フィルムが時代の生き証人として永く愛されて行きますように。

 
「ひとりぼっちの地球人」収録。他「超兵器R1号」「700キロを突っ走れ!」等佳作揃い。

原作ファンには賛否両論のようだが、ドラマCDよりも遥かに出来が良いと思う。塩沢兼人、神谷明、青野武の怪演で動き廻るあ~る達のハチャメチャ振りは一見の価値あり。鉄オタや東三河住民にもオススメ?

件の「くちびるにメモリー」ですが良い歌です。個人的に山本正之作曲の中では五本の指には入る。ある意味切なくて泣けるけど気持ちを前向きにしてくれる歌。他に山本正之、田中公平共作の劇伴を収録。劇伴だけで笑えるという点では貴重なアルバム。挿入歌「飯田線のバラード」も山本正之らしい逸品。

あれ、なんかすごい話がずれてっちまった(^_^:
末筆ではありますが、本年もよろしくおねがいします。

|

« 【マクロス】「愛・おぼえていますか」DVDBOX | トップページ | 【大決戦!超ウルトラ8兄弟】出演ウルトラマン確定 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/17581892

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブンに登場の「ピラミッド」??:

« 【マクロス】「愛・おぼえていますか」DVDBOX | トップページ | 【大決戦!超ウルトラ8兄弟】出演ウルトラマン確定 »