« <夜毎の音盤>風のガーデン オリジナル・サウンドトラック | トップページ | ぷち風雨来記200810 チミケップ »

2008.12.18

【仮面ライダーディケイド】別に好きにやってくれ

はいはい、2チャンネル2チャンネル。
粘着逆恨みに釣られておいで頂いた皆さん御苦労様でした。

このクソ忙しい時期に語るに足らない平成ライダーの話題なんざどうでもいいっちゅうのに。
何かまた響鬼関係でワシが吼えまくって更にそれを晒す事でハッピーになれる方がいらっしゃるようで。
まぁ、過去コメント欄で訳の分からない事を言ってた電波なあの方か、それとも過去掲示板(移転の為閲覧不能)で井上ハニーの話題をシカトされて逆恨みしてたKYなあの方か、まぁどうでも良いんだが。

とは言え、あれから色々と考えた事もあったのでちょっとはまともに書いてみる。
響鬼のゴタゴタの根幹にあった物、それは言ってみれば"東映と円谷との違い"が一つにはあるだろう。
如何に看板商品とはいえ、戦隊シリーズもあれば(過去に)メタルヒーローシリーズもある、ましてやグループで考えればドラゴンボールもワンピースもある東映。かたや、「ウルトラが死ぬ時!円谷は沈没する!」というかほぼ100%ウルトラに依存している円谷とは作品に"賭ける"スタンスも自ずと違ってくるだろう。また会社スタンスとしても「銀行金利も稼げない作品作りをしてどうする!」と好調ながらも自ら打ち切られた「ジャイアントロボ」、かたや社長自ら質の悪いと判断した部分バシバシ撮り直しを命じていた「ウルトラマン」の二つは対照的なエピソードだ。(もちろん、後々効率重視に移行はしていく物の職人気質の会社体質というのはそうそう変わらないし、TYO買収の際もそこらは散々突っ込まれていた)
高寺Pの良くも悪くもな無茶ぶりも、「クウガ」の時は「ロボコン」が低調だった事もあって石森プロも含めて存亡がかかっていたという事と、何よりも視聴率、玩具等の売上による結果オーライ的な部分で許されたというのが大きいだろう。
しかし、如何に不調の「仮面ライダー剣」の後を受けたとはいっても、響鬼では"やり過ぎた"というのは否めない事実であり、だからこその更迭なのであろう。言ってみれば、東映で円谷的な物作り(元々高寺氏は東映よりも円谷ファンである)をしようとしても、"会社組織"というものがそれを許さなかった、という事であろう。(実際円谷的を越えてヤマトの西崎Pすら連想させる)そういう意味では角川グループで再始動したという高寺氏がまたどんな新しい物を作ってくれるのか注目をしていたいところだ。

で、特に2チャンネルに書き込む方々に誤解されてはいるのだが、小生別に"旧響鬼信者"ではないよ、言っときますが。キャラクター的にみんな好きというのはあった物の、前半のシリーズ構成、脚本的な力不足が今ひとつ乗り切れなかった、というのがブログにおいて前半に一切触れてない理由の一つではある。だから、"前半のスタッフが降ろされた"事そのものにはさして異議はない、ただし"変わる事で良くなるのなら"である。
くどいようだが、"後半"に入ってからの脚本はまた別次元に酷かった、という事だ。コンセプトとして、明日夢のライバルが出てくるであろう事は予想はしていたし最初から最後まで前半のまったりムードのまま、では意味もあるまい。だ・が、だからといってあんなDQNのガキがろくな努力もしないまま鬼になりました、てな話を承伏しろと言われても困る。つまるところ、井上氏の"ライバル"の引き出しはあんなのばっかりという事なのだろう。それに"厳しい"ならともかく後半のムードは単に"殺伐"とした挙げ句に"おふざけ"でそれを薄めようとしたどうしようもない物だった。脚本的なイロハ、伏線を生かすとか盛り上げる構成とかそういう事が致命的に欠如していた。その辺は過去ログをお読み頂きたい。最も、あるいは正義が嫌いなのは白倉Pも同類なのでどこまで彼の仕業なのかは知らないが。
もう一度言いたい。少なくとも30話以降(除く38,39話)の響鬼は"平成ライダー"中では最低の出来だった。あれならまだ「剣」の方がネタとして笑えるだけマシだった?かも。
しかし、返す返すも(「響鬼」を否定するつもりはないが)「剣」で一旦平成ライダーに幕を引いて「変身忍者嵐」にしとくべきだったんじゃないですかねぇ?バンダイさん。そうすれば、今頃"石ノ森章太郎シリーズ"とかいって「ロボット刑事」とか(今の技術ならかなり面白い物も出来るのでは)かなり面白い物展開になってたと思うんですがねぇ?プリキュアシリーズの連投と言い少々保守的に過ぎやしませんか?

あぁ、表題ディケイドだったわ。
「ウルトラ兄弟」の好評ぶりを今更真似ですか、石森プロさん?少なくとも昨今続くチンドン屋のようなデザインセンスは何ともならないんですかね?それに今更"別人"のクウガとか出されてもねぇ、そりゃオダジョー出る訳無いのは端から分かってるんだから何でこんな設定になるかねぇ。まぁ、好きにやって下さいよ、カブトの時も書いたけど
「端から気に入らない作品に一々文句なぞつけやしませんよ」

あ、他人の楽しみまでは否定しませんから楽しみたい方は楽しんでくださいよ、けど一々反論に応じるのも面倒なのでコメントは無して事で。おしまい。

12/31追記
ハイパーホビー見たけど…
なに、PDまた白倉なの?映画部行ったんじゃなかったのか?
キャラの性格設定が「偽悪的」って…
「1を聞いて5を知り6以上は気にしない」???www
またあの人ですか?まぁ1、2話だけは見ますが、後は多分放置だねぇ…
↑脚本は會川昇のようです。とは言え、あれも井上シンパの一人だからねぇ。
メイン監督田崎って…代わり映えしないなぁ…。

|

« <夜毎の音盤>風のガーデン オリジナル・サウンドトラック | トップページ | ぷち風雨来記200810 チミケップ »

仮面ライダー響鬼」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/43459315

この記事へのトラックバック一覧です: 【仮面ライダーディケイド】別に好きにやってくれ:

« <夜毎の音盤>風のガーデン オリジナル・サウンドトラック | トップページ | ぷち風雨来記200810 チミケップ »