« ぷち風雨来記200810 チミケップ | トップページ | 【響鬼】外伝三の巻「これも俺のヒビキ?」 »

2008.12.31

【空へ~救いの翼 Rescue Wings】観てきました

航空自衛隊救難隊女性パイロットが主人公の「空へ~救いの翼 Rescue Wings」(監督:手塚昌明)遅ればせながら観に行ってきました。

20081225183937

ミニチュアは使ってませんが何故かロビーに展示してあったUH-60J。

主演の高山侑子さんは弱冠15歳の初主演とあって、さすがに演技がまだ固かったりあどけなさが出てしまったりしてる部分もありましたが、逆に撮影しながら成長していったのが感じられて好感が持てました。これから頑張って欲しい新人さんです。

他の役者さんも三浦友和、春田純一といったベテラン勢も良い味出してましたし、鷹栖三佐役の木村佳乃さんのピシっとした格好良さは特にステキでした。(その分、遥風に対してもうちょっと厳しい態度の方がもっと生きたと思いますが)

ヘリやレスキューの描写は全て実際の救難隊員が行っているだけあって、本物が持つ迫力には圧倒されました。特に渥美半島赤羽根漁港でロケした突堤への着陸は観ている方がハラハラしました。(着陸後の余裕が左右僅か50cm!)

ただ、「Rescue Wings」シリーズの宿命?というか、リアルに徹しすぎてストーリー性、ドラマ性は薄かったきがします。つか起承転結の話じゃないし。ホントにドキュメンタリーに近い仕上がりになりすぎた感があります。TVの「よみ空」はまさに"よみがえる""空"というのが、ストーリーのメインテーマの一つだった訳ですが、映画ではそういった一本通った芯が無かったので割と唐突に始まって唐突に終わってしまった感がありました。まぁ、実際にはそうそう起承転結な"物語"がある訳ではないんでしょうが、そこは映画ですからもうちょっと位は作為的にしても悪くはなかったのかなと思います。

とはいえ、アニメやコミックにあったドラマチックなエピソードも挿入されており、そこにはやはりCG等では無い"本物"が持つ迫力とリアルさが裏付けた感動がありました。
ミリタリー好きな方は勿論、まったく知らない人が観ても損は無い映画ですので是非!

予告編
 

公式サイト


http://blog.livedoor.jp/yomisora/
公式ブログ
「空へ―救いの翼 RESCUE WINGS―」
公式ホームページ
 

映画の主人公川島遥風が出てくる"原作"は↓「レスキューウイングスゼロ」です。「レスキューウイングス」4巻では成長した遥風が再登場します。





よみがえる空 RESCUE WINGS レスキューウィングス 空へ~救いの翼~ 航空自衛隊 小松救難隊 手塚昌明 能登麻美子 UH-60J U-125A 高山侑子 最後の砦 That others May Live 桜美かつし レスキューエンジェル おえん 木村佳乃 三浦友和 春田純一 中村雅俊 水上清資 大森一樹 和田薫

|

« ぷち風雨来記200810 チミケップ | トップページ | 【響鬼】外伝三の巻「これも俺のヒビキ?」 »

ミリタリー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92464/43593586

この記事へのトラックバック一覧です: 【空へ~救いの翼 Rescue Wings】観てきました:

» 「空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―」 [みんなシネマいいのに!]
 航空自衛隊の航空救難団初の女性救難ヘリパイロット奮闘を描いたレスキューアクショ [続きを読む]

受信: 2009.01.01 23:04

» 空へ -救いの翼 RESCUE WINGS- [欧風]
本日はMOVIX利府に映画を観に行ってきた~。 今回観たのは「空へ ー救いの翼 RESCUE WINGSー」。 話としては、災害救助部隊、航空救難団に女性初の救難ヘリパイロットが配属される。厳しい訓... [続きを読む]

受信: 2009.01.10 21:16

« ぷち風雨来記200810 チミケップ | トップページ | 【響鬼】外伝三の巻「これも俺のヒビキ?」 »