« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月に作成された投稿

2013.07.28

【コミケット84】11(日) 東6 ヌ-20a まど☆マギ缶バッジとヤマト2199本

コミックマーケット84 2日目11(日) 東5 ヌ-20a STUDIOぶーびーとらっぷ で参加します。

冬コミでご好評いただきました、宇宙戦艦ヤマト2199批判的評論本「お前は間違っている!」大幅加筆改訂してオンデマンド印刷本にしました。

1日目(土)東5 ハ59a 「思想脳労」様にも委託させていただける事になりました!
逆に思想脳労様のヤマト2199評論本2種を2日目ぶーびーとらっぷブースでも販売いたします。

缶バッジは、みのむし屋おーたみのるさんにイラストを御願いした、まど☆マギの「まど缶バッジ2」になります。今回はガチャ機無しの販売を予定しています。

続きを読む "【コミケット84】11(日) 東6 ヌ-20a まど☆マギ缶バッジとヤマト2199本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.24

<夜毎の音盤>YAMATO SOUND ALMANAC 1982Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ 「ヤマト・ラプソディ」シリーズ

 前回、95年リリース時には一度に大量のヤマト音盤が発売された為、順番に買っていこうと呑気に構えていたら、あっという間に廃盤になってしまいこの三枚だけ手に入れられずに悔しい思いをしましたが、今回約20年ぶりくらいで耳にする事が出来ました。

 解説に早川優さんが書いておられる通り1982年という「Ⅲ」と「完結編」の狭間にあって飢えていたヤマト音楽への渇望を癒やしてくれたという意味で、またサントラとも交響組曲とも違う豊かな響きに満たされていたという意味でも、今回リリースの三枚はみな忘れがたい名盤です。発売日に手にした時ジャケットが「ムーディーな女性の写真」だった事に驚かされたのも今思えば懐かしい話です。(レコード店店員から聞いた「あの写真に結構なお金がかかった」という話は本当なんだろうか?だとすればCD化の際にジャケットが差し替えられたのもうなずけるかも?)

2
3
4

続きを読む "<夜毎の音盤>YAMATO SOUND ALMANAC 1982Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ 「ヤマト・ラプソディ」シリーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.23

【フィギュア17】用語解説集4話~7話

フィギュア17用語解説、第二弾は4話「羽ばたく心を持っていますか」、5話「大切な人はいますか」、6話「守りたいものはありますか」、7話「さよならは言えますか」からです。
各話解説で語りきれない各キャラクター、舞台、メカ等についての解説をしていきます。かなり、こじつけくさいのもありますが、まぁ御愛嬌という事で。

続きを読む "【フィギュア17】用語解説集4話~7話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.13

【フィギュア17】5話「大切な人はいますか」

5話予告
「どこまでも青い空の夏休み。牧場の仕事を手伝う事になったつばさとヒカルは、茨城家の一人娘、さくらの言動に母と娘のあり方を、仕事の大切さを考えさせられる。「お母さんて、あんな感じなのかな?」二人を包んだ夏の日が、駆けるように過ぎていく。」

Fg175

5話「大切な人はいますか」2001年9月30日放映
絵コンテ: 辻初樹、 演出:井硲清高、深沢幸司
作画監督:沢田正人、斉藤英子、藤澤俊幸、佐藤陵、
ゲスト:/加藤優子、

前回、更新から実に2年ぶりになってしまいました。
前話が学校中心だったのに対し、一転、さくらを中心とした茨木家とつばさ、ヒカルとの関わり合いの中で
ストーリーが展開していきます。フィギュア17全話の中でも取り分け丹念な描写がなされていきます。

続きを読む "【フィギュア17】5話「大切な人はいますか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.07

風雨来記3攻略メモ 富村泉

「風雨来記3」富村泉ルートの攻略メモです。

ここから先はネタバレになりますのでご注意を。

続きを読む "風雨来記3攻略メモ 富村泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »